東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

熊本・大分の地震がいまだに続いており、本当に心配です。

たかが震度5強経験のわたくし、たまたまTVから流れてきた久々の緊急地震速報を聞いたら、
なんと神経性胃炎と口内炎になってしまい、先週ずっとへたりこんでいました。
まさか5年前の震災がこんなにトラウマになっていようとは、自分でもびっくり(笑)。
5強経験ごときでこのザマでございますので、震度6以上を何度も経験された地域の方々の
不安や疲労がどれほどのものか。察するに余りあるものがございます。
早く地震がおさまってほしい。遠く関東からそう願うばかりです。

さて、今では体調もすっかり落ち着いたのですが、そんななか、
素晴らしいニュースが飛び込んでまいりました。

神宮使用中止7カ月はNO 組織委に伝える

記事→デイリースポーツ

よくぞNOと言ってくれた! それでいい!ありがとう!!(笑)

誘致した以上、どんなにぐだぐだだろうが、恥をかこうが、
無事にオリンピックをやり遂げてもらいたいですが(リオもね(汗))、
それと神宮球場を物置代わりに使用しようというのとは、ぜんぜん違う問題です。

東京五輪組織委員会には、夏の甲子園の東京都地区予選、あの気温も高く、応援も熱い、
激しい若者たちの戦いを奪う権利はありませんよね。
ヤクルトファンだってホームを奪われるなんて寝耳に水のハズです。
神宮球場は神宮球場なのです!

五輪は国立競技場と関連施設のなかで、すべて納めてこそ、成功でありましょう。
機材置き場も、スタッフ待機もできないほど、スペースが小さいはずはない。
日本青年館も、その近くの都営団地も立ち退きにさせておいて、その広大な範囲で
納められないなんて、どこまで計画がいいかげんなのでありましょうか。

そんなにオリンピックなんて、えらいものではありません。
たかが世界スポーツ大会です。

あの立ち退きに遭った都営団地、古くて良い趣のある、長屋風な生活感の残るいい世界でしたよ。
東京のど真ん中にもね、温かい人情があるんです。
日本青年館も、老朽化していたけど、いいコヤでしたよ。
それをなくしてまで開催するんだから、ちゃんとやってくれなくちゃ。

昔から6Km以上歩くときのわたしの散歩コースなんですよ、あのあたり。
もうね、だから景観奪われまくりで、ただでさえ堪忍袋ブチブチなんですな!

いわくつきの新エンブレムも、地味だし……。
(市松模様っていうけど、ただの単色合わせのチェック柄じゃん。外国に通じるのか、その日本感)

今はもう、これ以上誰にも迷惑をかけずに、お金もかけずに、
被災地の建材不足をこれ以上助長させないで、
さっさと終わってくださいね、東京五輪2020。

それから海外で大名旅行しているうちの都知事、なんとかならないでしょうか?
(注※ わたしはあの人に投票していません)
[PR]
by aroe-happyq | 2016-04-26 18:19 | ほんの世間話 | Comments(4)
昨日より熊本で震度7をはじめ、震度6等の大きな地震が起きていて、
まだ余震がおさまらないと聞いて、心配でたまりません。

昨夜、実は東京地方では午後9時まえに、震度1~2ながら、珍しく23区直下プチ地震がありまして、
ちょっと心がざわざわしていたところに、その30分後に熊本で大きな地震がおきたので、
ざわざわがドキドキにかわり、眼がパキッとなって眠れなくなってしまいました。
(そこそこ東日本大震災の記憶が脳に残っているみたいでっっ。地震ビビリになりました)

ほんの数週間前に「ブラタモリ」で親しんでいた熊本、そして熊本城が被害にあったことが
本当に驚きです。
・・・・これが活動期に入った日本列島の現実ということなのでしょうか。
だとしたら、マジでこわいことになりました。
(熊本城も元気な姿を、タモさんにいじってもらっておいてよかったけれど、
再び復元してパワーアップした熊本城となることを願ってやみません)

この週末、熊本地方は雨や風が強いらしいので、被害がより大きくなったり、
ライフラインの復旧作業に影響がでないとよいのですが。

被害に遭われたみなさんが、一日もはやく日常の暮らしに戻れるよう、
心から祈っております。

遠い東の果ての人間ではありますが、できることから、こつこつさせていただく所存です☆
日本は災害の多い国ですので、みんなで支え合いたいですね。

若干、寝不足で頭が動かず、いまいち言葉がつたなくて、申し訳ありませんが、
とにかく心配です!ということを伝えるべく、ブログ更新させていただきました。
[PR]
by aroe-happyq | 2016-04-15 18:44 | Comments(5)
d0080566_18335029.jpg


かねてお知らせしました、家康展、行ってきました☆

旗本御家人展より空いていて、ちょっと心配です、東照大権現さま!!(笑)

この展示は、国立公文書館所蔵の史料から、家康の生涯を記録したあれこれを
紹介するというもの。
メインは江戸城にあった紅葉山文庫のもの。
家康の存命中の日記類などもありますが、わりと多いのが江戸後半に編纂されたもの。
林述齋が編纂(編集メンバーに戸田氏栄などの名が!嗚呼、ペルリの時の浦賀奉行様~~!!)
した記録類がけっこうあって、家康死後100年以上経っているので、どこまでマジ?
って感じで、そのあたりは割り切って楽しみました(笑)。

ただ、壁にどーんとあった、家康年表がかなり圧巻。
・・・家康のことって、基本大河ドラマ情報でしか知らないな~~ということで、
その年表がすごく勉強になりました(汗)。

で、展示も年齢と戦いでタイトル付けされていて、とても見やすかったです。
あたらめて、いろいろと本当に複雑な時代を生き延びて、晩年に国造り、外交、文教政策など
がーっとおやりになった、戦国大名のなかでもかなり重厚な人生を歩んだ人だな~と認識しました。
とくに49歳で関東へ転封し、59歳で関ヶ原の戦いまで10年は、よく辛抱なすったと。
(江戸城を築城しようとすると、伏見城だったか、秀吉のほうの城の築城をやることになって、
自分の江戸城は後回しとか、なんかもう、家康もがんばったんだなぁ(涙))

とはいえ、やはりメジャーな人物なので、知らない部分よりは知っていることのほうが多く、
そのなかで、えええ?マジすか!?なものを2点だけ、ちょこっと紹介しますと。

①関ヶ原の戦い 家康方は合言葉のほかに、「角取紙」を肩につけていた

「角取紙」を肩につけたってぇと、あっしは森鴎外の『阿部一族』で知ったわけですが、
家康さんのほうが先なのねと。
角取紙(すみとりがみ)というのは、「両端を末広に畳み重ねた紙の角の一つを
竿の先に付け、兜や旗に付けたしるし
」とのことです。
(展示の史料には絵があったのですが、写真に撮ってくるのを忘れちゃいました。てへへ)
付けると、けっこう邪魔な感じでした、はい。
(小早川軍がいきなりこの印を用意できたのか、あらかじめ持っていたのか、それとも、
家康側から持ち込まれていて「早くこれをつけなさい」って圧力かけられたのか……。
こんなささいなことにもドラマが生まれるのが、戦場という場所であります)

②大坂城の攻略法を家康は秀吉から教わっていた

江戸初期の『武功雑記』という本によると、
伏見城落成のとき、家康は秀吉に「こういう大きな城はどうやって落すべきか」と尋ねたところ、
秀吉は「こうした城は一度で落とせるものではなく、一度攻めた後、和議を結び、
その和議の条件として堀を埋めるなどしてもう一度攻めればよい」と語ったのだそうです。
秀吉さすが城攻め巧者♪、じゃなくて、自分の城、狙われてますよ!!(笑)
この本、諸将の武功を記録した本だそうですが、この場合の武功はどちらに??(汗)


などなど、楽しい展示がいっぱいでした☆

公式サイト→こちら


実は愛する旗本の史料もたくさん所蔵している公文書館を応援したいなと
今年のはじめに「友の会」には入りまして、第一弾が今回の家康展でした。
ちょちょっと応援するつもりが、展示期間前にパンフは届けてくれるし、
会員だけの内覧会なんかもあって、いたれりつくせりです。
(今回はつい花見のほうへいってしまい、せっかくの特典を無駄にしてしまったのですが、
そのかわり、その日は乾通りの公開の延長初日で、待ち時間0分ですんなり入れちゃったのでした。
これも東照大権現のおかげか!?そういうことにしておこう(笑))

だから、会員でいるうちに「旗本御家人」展、また開催してほしい~~っっ
(そのときは内覧会に行きますのでっっ)
[PR]
by aroe-happyq | 2016-04-13 19:38 | 江戸東京あれこれ | Comments(8)

昼のセント酒

「孤独のグルメ」のシーズン1が土曜日のランチ時に再放送がはじまったなか、
今度は銭湯版「孤独のグルメ」こと、「昼のセント酒」がはじまりました。

しかも!!!主演は、「ミスター残念」こと戸次重幸サン!!!

昼のセント酒公式サイト→こちら

というわけで、1話をみたのですが、やはり残念な主人公でした(爆笑)。
「孤独のグルメ」の主人公はデキる営業マンで、その仕事のご褒美的なランチを楽しむ
という流れですが、この新番組の主人公は、仕事をサボっちゃって銭湯に突入してしまう、
そんないけない人です。
連続ドラマとして、なんだか心配な設定です。

とはいえ、それもこれも戸次氏が演じるとなんだか「OK!」って感じになってしまうのが
不思議です(笑)。

しかも毎回、ほぼ100%、全裸になられるというわけで、戸次ファンにはお宝ドラマに
なることでしょう♪

ただ、ゆるくてほっこり銭湯シーンといえば、「テルマエロマエ」という先達がありますので、
(どちらも昔の銭湯にいただろう、癒やし系おじいちゃんズの描写も大きなセールスポイント)
いかにそれを越えていけるか、でシーズン2への道はひらけるのではないでしょうか。
ぜひ「テルマエ……」を越えてくださいませ。

タイトルのあるとおり、このドラマでは銭湯に入ったあと、そのまま居酒屋へ行き、
ビールを飲むわけですが、その居酒屋部分では「孤独のグルメ」と違う濃い演出が
またポイントでしょうか?
(誰もわからない例えで恐縮ですが、香港映画「食神」っぽい感じ?(笑))
これも、これからどれだけパターンが生まれるか、楽しみなところです。

ただ、タイトルそのものを腐してしまうようで、アレですが、
湯に浸かったあとは、キンキンに冷えたビールを呑み干すまえに、
できれば常温のお水を1杯呑んだほうが健康にはよいです(笑)。
(ビールは利尿作用があるので、水を補給することで脳梗塞、脱水予防ができます)

とかなんとかいいながら、2話も楽しみな、「昼のセント酒」です☆
[PR]
by aroe-happyq | 2016-04-11 18:20 | お知らせ | Comments(2)

香港電影金像奨 2016

例年よりちょっと早いような気がする、香港電影金像奨の季節がやってきました!

といってもすごーく特筆すべきなにかがないと最近は記事にしなくなってしまったのですが(汗)、
(年々、脳内の中国字幕変換器が錆び付いてきて、香港映画を鑑賞する頻度も減ってしまって……)
今年はいろいろありましたので、書かせていただきます☆

まずは、アーロン・クオック(郭富城)さん、主演男優賞(最佳男主角)初受賞おめでとうございます!!!
すんごいキャリアのある俳優兼アイドルさんだけど、まさかの初受賞~~っ。
昔は素晴らしいダンス力!でしたが、近年は映画での演技がとても冴えていたので
もう少し早くてもよかったような??
香港アカデミーって、アイドル俳優にはけっこう厳しいのよねーーっっ
受賞作品の「踏血尋梅 Port Of Call 」はほかの部門でもノミネートの多い作品のようです。


↑アーロンさん演じる役は、髭のおっさんです。

これまた、どシリアスな映画みたい……。
コメディ映画はノミネートされないとはいえ、なんかこういう色調の映画が多いのかな?

それから、最佳兩岸華語電影賞(って中国・台湾賞ってこと?)には、日本公開済みの
「黒衣の刺客」がとりました♪ めでたい!!!


さて、今回の香港アカデミー賞の話題は、やはり若手監督によるオムニバス映画、
「十年」の作品賞(最佳電影)の受賞でありましょう!

2025年の香港を描いた作品で、中国共産党的にはおぼえめでたくない内容ということで、
配給会社もきまらず、資金もスタッフ持ち寄りという、ほぼインディーズ映画という感じですが、
単館ではじまった上映はじわじわと広がりをみせ、30館規模まで増えた大ヒット映画となりました。
日本の報道では、すごーく政治的な映画みたいに扱っていますが、
未見ではありつつも(いや!!ちょっとだけ、動画でみちゃった。てへへ)、
すごーく昔の、陳果(フルーツ・チャン)監督作品の「香港製造 メイドインホンコン」のような匂いをもった、
日常を描きつつ、そこから香港の今(この映画の場合は未来の香港)が抱えるいろいろなものがみえてくる、
というような、そんな作品ではないかな、なんて思ったりします。



広東語が話せなくなる香港なんて、そんなの嫌だ~~~っっ(涙)
北京語なんか嫌いだーーっっ
という香港ファンにとっては、予告みただけで胸がいたくなる、10年後の香港の世界です。

大阪アジアン映画祭ではすでに上映済みということで、
ぜひとも、今年の東京国際映画祭で特別招待作品として(つまり、あの共産……じゃない、協賛企画の
北京政府の息のかかりすぎた中国映画祭では絶対にやらんだろうから(笑))、
本映画祭のほうで上映していただとうございます!
もしこの映画を招待したことで、北京がヘソをまげて中国映画祭やらないとかボイコットとかしても、
放っときゃいいじゃない。こなくても誰もこまらないからさ。大陸映画、需要ないし(笑)。
(勝手にどこかの会場でやってるだけなんで、本会場じゃぜんぜん困らない)
なんせまともな日本語字幕もつけられないんだからね!!いらないってことよ。
(今だに「孫文の義士団」のへんてこ字幕を根に持っているのでござるよ(笑))!
それよりも「十年」、上映するほうが意義あると思いますョ!

日本にとって、台湾や香港は大切な大切な隣人です!
(まともな会話できるの、この二つぐらいだから。あとはみんなわけのわからん「ちーしん!」だもん)

香港よ~~~っっ、加油ーーっっ(涙)!!!

……あ。そういえば、王家衛の映画、どうなっちゃったんだろ??
そろそろ出来るのかな??それとも数年先かな??(笑)
[PR]
by aroe-happyq | 2016-04-04 11:44 | 香港&アジア映画 | Comments(0)
いよいよ今夜の真田丸は第一次上田合戦ですね!
(BSで録画しつつ、8時の放送まで待っている、「おあずけ」状態です(笑))

さて、その真田丸でも活躍中の大泉洋といえば、やはり「水曜どうでしょう」でしょう!

噂だけ聞いていて、みてみたいけど……と思っている方に朗報☆

今週4月6日(水)午後11時から、
BS朝日で1回目より放送が開始されますョ~~!!


BS朝日公式サイト→こちら

全国の放送局で放映しているけれど、最初から見るってなかなかできないと思いますし、
今回は2回ずつ放送で見やすいという点もあり、
水どう未見の方に、ぜひぜひ視聴をオススメします♪

わたしもまたまた見ます(笑)。
[PR]
by aroe-happyq | 2016-04-03 18:30 | 水曜どうでしょう | Comments(0)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq