東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ここ2日、ちょっとポケモンのボーナスイベントに浮かれて、記事UPが遅れましたっっ。

ここ数日、新史料が解読されて、蛤御門の変での新選組の任務が明らかになった話題が、
(野営ではなく、豪農さんちにお泊まりだったとか等々)
それなりに囁かれております。

私が「おおー!」と感激したのが、タイトルに書きました内容。

「蛤御門の変」参戦の新史料 長州勢を鉄砲撃退(毎日新聞)→記事こちら

蛤御門の変が起きた元治元年7月19日(1864年8月20日)には
「新選組が立ち向かい鉄砲を撃ち合い、長州方は撃ち負けて、当村の野辺を西へ逃げ去った」
などと記載されていた。

新選組というと、斬り合いシーンの多い印象がありますが、ほらほら!ちゃんと角場で砲術訓練している♡
その成果が、この記事に繋がっていると思うのです。
(長州勢を追っ払える、ちゃんとした撃ち合いができている!)

つまり、「燃えよ剣と銃」。どっちもOKな、古臭くない集団なんですよね、壬生浪士組!
(するってえと、戊辰の年、江戸に戻った土方さんの「剣の時代は云々……」発言が謎になってしまうのですが)

「剣のみで戦う」的な古風な考え方を持って近藤さんが上洛してきたとしても、
浪士組から、新選組になり、会津さんの方針というか、風潮といいますか、
「組織を維持する上でも、強い組織にしないと」で、砲術訓練を取り入れるのは、時代の流れかと。
近藤とはいろいろあったのか、不明ですがの講武所でも、井伊直弼の改革で、西洋軍学中心から、「国風」に切り替えても、
砲術訓練だけは残していたぐらいなので、この時代、鉄砲は必須ですしね……。
(ミニエー銃とか、構えている近藤局長って、カッコ良くないですか?)

なので、前々から、新選組も鉄砲で戦ったはず、と勝手に妄想していたので、
今回、史料で出てきてくれて、なんだかホッとしました。
鳥羽伏見でも、絵巻みたいので、撃ち合っている絵がありましたが、元治元年時点ですでに、というのが嬉しい。

これからも、どんどん新選組が、歴史の中で、その全貌が明らかにされていってほしいものです。
(新徴組もね!)
そうすると、フィクションのほうも、もっと面白くなるはずだし♪



[PR]
by aroe-happyq | 2017-07-25 18:12 | 新選組! | Comments(0)
本日、7月23日は、なにげなーくダウンロードして、ぼんやりとポケモンGOを始めてから、
1年目の、記念日です。

まさか、1年続くと思わなかった~~~~~っっ。

といっても、ライトユーザからミドルユーザに脚をちょっとつっかけてる程度の、不真面目なトレーナーです。

まだ、レベルも31だし(汗)。

レイドバトルやったことないし~~~~。
(なんか、タイミングよくジムを通らないのね。1時間後に開始とか言われても、ムリムリ)

飽きそうになると、イベントとか、新しいポケモンが出たり、なかなか工夫されていました。

とりあえず、1年楽しかった。よく歩いたーーーーーっ。総距離、604.84kmですって。

マッサージのセラピストさんにも、ふくらはぎの肉、良い感じで付いてますね♪って、褒められます。

真冬でも、寒さを厭わず、散歩したし(笑)。

おかげで、冷え性がなくなりましたし、血流が良いみたいです。

なので、かなり、もう、満足!満足ーー!


というわけで、もうそろそろ打ち止めかな~~~~~と。

実は、本日23日は、愛用していたし、頼りにしていた「ピゴサ」が終わってしまう日。

これは本当に痛い~~~~~っ。

本来なら、本家の公式アプリ上で、こういう、ポケモンサーチシステムを展開すべきじゃないのかな?

近くにいるポケモンだけじゃ、物足りないし、遠出する気になれない。

それを、非公式アプリだからって、本家は、さんざん妨害したり、いじめたのよ。
(とくにAndroidスマホは、マジで被害を被りました。何度、アップルにスマホ換えてやろうかと思ったことか)

でも、本当にレアなポケモンさんをいくつか捕まえることができたのは、すべて「ピゴサ」のおかげでした。

近くにいるポケモン機能なんて、間違いが多くて、少し前まで本当に空振りでいらつくことが多かったのです。

「ピゴサ」での空振りは、私の場合、5%ぐらい。ほぼ、正確でした。

野性のラプラスをゲット出来たことは、忘れられない思い出です。

それに、ポケモンGOアプリを立ち上げていなくても、自宅で夜に、「ピゴサ」で東京の夜のポケモン巡りを

して遊ぶのも、楽しかったのにな~~~。隅田川にミニリュウいるーーとか、皇居の宮殿あたりに、カビゴン出てるとか。

眺めているだけで、素敵なナイトクルージングになっていたものを(笑)。

ポケモンGOの友であり、酒の友でもあった、「ピゴサ」よ1年間、ありがとう。


バトルも楽しめない、そこそこ強いモンスターは進化させちゃって、「ピゴサ」のないポケモンGO。

たぶん、イベントの時だけ、頑張るようになるかな~~~。

とりあえず、金のコイキングを捕まえるまでは、やろっかな(笑)。
(どんなポンコツなコイキングでも、赤いギャラドスに進化させて、愛でるのが夢です)



[PR]
by aroe-happyq | 2017-07-23 08:40 | ほんの世間話 | Comments(6)
拙ブログで、ちまちま呟いてきた夢が、実現へと進みだしたらしく、本当に良かったです。

新聞記事→日経新聞

前東京オリンピック前後のどさくさ紛れに、東京をいじりたおした中で、もっとも暴挙と思われる、
この首都高問題。あれから、50数年……。

日本橋の上に空が戻って来る~~~~~~!


日本橋川クルーズが、本気で楽しくなりますよ!!!!

今は、日が当たらないから、コケはえまくりで、なんか臭ーいんですけど、

高速道路がなくなり、光が入れば、日本橋川のあちこちに残る、江戸時代の石垣も、よく見えるし、

臭くもなくなりそうです。


とはいえ、地下化……なんですけど、少し前から、心配になっていたのであります。
というのも、すでに地下鉄が数本通り、そもそもの東京湾いえ、江戸湾いえ、
その前はなんだっけ湾の浜辺は、日本橋そばの、箱崎あたりのはず。つまり本当の海がすぐそば。
(あれですよね、源頼朝が船から上陸したり、逃げ回った浜辺があのあたり)
地下鉄をくぐり、海辺近くの弱い地盤を避けて、地下道路をつくるとなると、かなり大深度???
技術もさることながら、今から、費用問題が……。

とまぁ、余計な老婆心がありつつも、今日は素直に、喜ぼうと思います。

明日は明日の風が吹くぜ!(おいおい)

日本橋、よかったなーーーー!

あ、慶喜さんの文字「日本橋」も太陽の下へ戻っていくのね!

そして、日本橋川クルーズ、のみならず、水運が観光と結びついて、再び、日本橋界隈が賑やかになりますように☆


そして、次は首都高向島線をなんとかしてーーーーーーーっ

墨堤も、太陽の下に戻して~~~~~~~~っ



[PR]
by aroe-happyq | 2017-07-21 19:04 | 江戸東京あれこれ | Comments(0)
たまたまですが、香港ネタ続いています。

湘南乃風のHAN-KUNさんの、新曲のMTVが、ジャッキー愛に溢れています。

しかも!香港ロケ!

パロディとしても、とても真面目に作られています。
(このそっくりさんが、似すぎててすごい)



というわけで、貼っておきます~~~。


[PR]
by aroe-happyq | 2017-07-15 19:25 | 香港&アジア映画 | Comments(2)
夏になると、某フジTVの深夜の映画枠で、「大英雄」を見た衝撃を思い出します。

ネットもなくて、香港映画の情報がなかなか入手できない90年代前半。

王家衛監督の「東邪西毒」が完成したのかどうかもわからなかった頃。

公開に間に合わず、急遽、ジェフ・ラウ監督が「東成西就」というコメディ映画を製作したとも、露知らず、

てっきり、邦題の、「大英雄(東成西就)」を、「東邪西毒」と勘違いして、見始めた衝撃。……実に素晴らしい思い出です(笑)。
(おかげで、蒸し暑い夏の深夜になると、この映画をみたくなるんです)

なーんて、話をしていたら、友人が「ツイッターで、オウヤンの人形が台湾で売られてるってよ」と教えてくれまして、
(あ、オウヤンとは、「東邪西毒」の主人公・歐陽鋒(オウヤン・フォン)のことです☆)
わざわざカタカナにしたのは、この人形が、パロディの「大英雄」のほうのオウヤンの人形だからです。

んで、そのオウヤン人形だけど。

d0080566_14135227.jpg

演じていたのは、これから数年後にカンヌ主演男優賞、獲っています、のトニー・レオンなんですけど、
なにげに、似ている………………(汗)。

しかも、いろいろあって、たらこ唇になっているバージョンだ……。きゃほー!

めちゃめちゃ欲しい~~~~~と思って、台湾やほーを検索したのですが、やほーって、
日本のやほーのIDじゃ買物とかダメみたいで。
残念ですが、画像だけ拾ってきたので、飾っておきます(笑)。

なぜ、今になってこの人形を作ろうと思ったのか、んで、販売ページみてたら、なかなか売れている!!!

ということは、この映画のファンがまだまだたくさんいるということ。

名作は、永遠に不滅ですね!!!!

嬉しいな~~~~~~~♪♪と、この感激を一人で騒いでいるのも寂しいので記事にしてみました。




[PR]
by aroe-happyq | 2017-07-10 14:23 | 香港&アジア映画 | Comments(3)
本日は、永井尚志さんの命日(明治24年7月1日没)です。

今年は、没後、126年ですね。

永井さんについては、ほぼ毎年、7月1日前後の記事で、何かしらネタにしてきましたし、
とくに新しいネタはないのですが、「星のとりで」1巻を読んでおりまして、
表紙カバーをとった、中の漫画(こんなところにまで、描き下ろし。なんて愛がいっぱいな作品♪♪)をみていたら、

中島三郎助&永井玄番のところに、「永遠の少年」と書いて、「おやじ」とルビが振ってありまして、

「そうなんです!!!ホントにそうなんです!」と激しく同意しておりました。


中島さんは少し大人だけど、永井さんは、幾つになっても「夢見る少年おじさん(晩年はおじーちゃん)」です(爆)。

学識もあり、かなり高徳な人物にもかかわらず、恐るべきバイタリティと、諦めない心の根幹には、
生涯にわたって、少年が住み続けていたように、思います。

(だから、息子か!?ぐらい歳の離れた、ぶっとんだ個性の若者たちと、いつまでも話が合うんですよね)


少し前に、『昨夢紀事』だったでしょうか、一橋VS紀州の将軍継嗣問題のまっただ中のあたりを読み返していたのですが、
永井さんの暴走が、派手すぎてヤバイです。思い込んだら、まっすぐ、命も顧みず、飛び込む40すぎのおっさんがいました。

当時、勘定奉行になっておりまして、安政5年のはじめの頃です。
盟友の岩瀬忠震が、堀田老中に附いて、上洛中。
永井は、老中衆に、「一刻もはやく、一橋公を御養君と定め、公表してください!!!」と、詰め寄ってしまうのでした。

当たり前ですが、勘定奉行だろうと、こんな話を、老中にしては、切腹モノのアウト行為です。
これを聞いた、井伊掃部頭が(まだ大老ではないのですが)、「なんたる無礼」と切れてまして、
これが、永井の大獄での処分の本当の理由だったよし。

でも永井たちの焦りは、安政~文久年間を調べるほど、よーく理解できてしまいます。
家茂さんの時代に、どんどん京やら西国が強くなってきて、徳川の威勢が弱くなっていきます。
これらは、家茂さんの責任ではありませんが、もしも、彼が25才以上だったら、状況が大きく変わっていました。
だから、一橋派の、「先に慶喜公、その次に家茂公」という将軍の順番の主張は、当を得ていたと。
上洛先で起きた、数々の家茂さんの悲劇を思うと、永井たちの「即戦力求む」の考えは、間違っていなかった……と思う次第です。
(名君の資質がある、家茂少年の成長を待ちたかったので。あんなに若死にさせるなんて、本当に惜しかったです)

いつも、理由あっての大義ある暴走ですが、永井尚志は、けっこう、繰り返していた気がする。
そのパワーの原動力が、「少年魂」かと。これ、岩瀬忠震や、島津斉彬にもありましたね(笑)。

だいたい、50過ぎて、蝦夷に行きます???
このおじさん一人が、箱館脱走軍の平均年齢を上げてるのですよ。
いくら、釜さんにお願いされても、「もうじじいだし」って、ご辞退しそうなものです。

でも、行っちゃう!
そして、脱走軍の保護者として、釜さんと共に、責任をしっかり負おうとする。
この尚志少年おじさんは、なかなか、男気もあります。



[PR]
by aroe-happyq | 2017-07-01 19:02 | 外国奉行ズ | Comments(2)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq