東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

<   2017年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0080566_13381618.jpg

念願の金コイキングを、ようやくゲットし、ついに進化させましたが。

わかっていたのです……。CP10だし、だいだい進化すれば10倍だから、CPは100ちょいよねって。

でも、いざ実物を眺めてみると、なんともトホホ感が。技もいまいちだ……。

しかーし!これから川沿いウオーキングに励んで、コイキングのアメを増やしながら(今はイベント中で、ポケモンゲットのたびに砂も2倍!)
コツコツと、強化して、他のギャラドス(渋川アンキョ、ギャラドス97の2体)の2900台まで、CPをあげてやりますとも。
きっと、ジムで、勝てる子にしてみせまする!(涙&笑)

でも、赤いギャラドス、かなり、可愛いです♡


金コイキング、ぜひとも、渋谷駅周辺、宮益坂下付近でゲットチャレンジしてみてください!
おそらく、ほかの場所よりかは、少しは現れやすいかと存じます。





[PR]
by aroe-happyq | 2017-09-28 13:50 | ほんの世間話 | Comments(2)
安倍が、森友&加計問題から目をそらせるため(それに野党がくだくだなうちに、みたいな)、いきなり解散なんて卑怯を言い出すかと思いきや、

今度は、小池が政権交代を目論んで、新党結成して、あげくに、総理大臣になりてえから、都知事辞めるなんて話が出ているようですが。

都民からしたら、なんでえ、なんでえ、オリンピックも、築地&豊洲も、置いてけ堀で、なんの政権交代ぞ!?と。

もし、今辞めるとしたら、11月に都知事選ですって??? 都民の血税がまた50億消えるのかえ??

いやいや、そんな無責任な人を総理大臣にしちゃっちゃ、ダメですよね~~~~。

嗚呼嗚呼嗚呼、もう安倍総理も自民党政権もこりごりだし、でも、野党はなんかしっかりしていないし、

政権交代もありだとは思うけど、いやいや~~~~~でも、もし都政を踏み台にするような代表なら、

希望の党にも、金輪際、希望は持てませんなあぁぁぁぁぁ。


どうして、今の政治家は信念を持っていないのだろう。

今、目の前にある仕事はきっちりやってから、次へ進む、という当たり前の責任感・使命感がない人が多すぎる。


小池さんが、今の段階でそうだとは言いませんが、いや、都知事を辞める話が誤報であればと願うばかり。

ただ、もし、報道どおりに、都政を舐めきって、捨て去るというのなら、

一都民として、終生その仕打ちを忘れないでしょう。
(江戸っ子由来の「やられた仕打ちは、かならず、こっそりでもお返しする」気質はしっかり持っておりますゆえ)



まさか、あり得ないでしょうと思いますが。また11月に都知事選があるなら、

今度こそ、もう余所者の都知事を選ぶのはよそう。

三代続いて東京っ子なんて贅沢はいいません。とにかく、都内で誕生した人で充分。

わたくし、かねがね、大阪が羨ましいのです。代々、大阪の方が府知事でしょう。だから、大阪ファーストで、愛があるんですよ。

東京もね、そういう都知事がいい。

国政よりも、地元を愛してくれる、都民の、都民による、都民のための都政をやるぜ、という東京人の知事の出現を希望します。




[PR]
by aroe-happyq | 2017-09-27 17:34 | ほんの世間話 | Comments(0)
現行の国会図書館利用者登録が始まった当初に、カードを作られた方は、そろそろ更新ですよ~~~。

私も、ハッと気づいて、オンラインでポチッと、手続きしました。

それから、国会図書館の蔵書検索・申込システム(NDL-OPAC)は、
平成29年12月にサービスを終了し、平成30年1月から新しい検索・申込サービスの提供を開始するそうですよ!

詳しくは、こちら

これに伴い、遠隔複写など、一部のサービスが12月の早い時期に、お休みするようなので、
こちらのサービスを使おうと考えていらっしゃる方は、お早めに手続きしたほうがよいようです。

いずれにしても、便利になるのでしょうけれど、せっかく覚えた今のシステムの使い方を捨て、
また新しいシステムを覚えなくてはいけなくなりそう……。

時々、館内で、複雑なネットを使った閲覧申し込みに戸惑っている利用者さんを見かけます。
そもそも好事家は、アナログを愛する人びとなので、デジタルは苦手です。
新しいシステムは、「直感的に」使えるらしいので(って、林檎PCの宣伝か!)、
ぜひ、そうあってほしいものですね。



[PR]
by aroe-happyq | 2017-09-25 10:36 | ほんの世間話 | Comments(2)
終わっちまったよ~~~~、寂しいよう~~~~~~っっ

土曜の夜、家にいれば、ほぼ観ていた、この番組。

日韓W杯のキャンペーンや、長年盛りだくさんの企画で楽しませてくれましたが、

忘れ得ないのは、やはり、新選組!の最終回前夜の回。まさに神回!

懐かしいです。

そして、あれから13年経て、なんと香取さんと山本さんは親友になりましたよ。

昨夜も、香取さんとのめちゃめちゃプライベート写真を、山本さんは公開していました(笑)。
(なんか、幻ながら勝ち鬨が聞こえました)

さて、700回を目前にして、その思い出深い番組が終わってしまいました。


この番組の終了なんて、誰も望んでいなかったのでは?

その証拠に、東京タワーが、スマステ色になっていましたよ!

なかなか凄い事が、昨夜は起きました。それだけで、なんだかほろりときました。


ったって、わたしゃ、SMAPファンでもないんですけど、ファンでなくとも、応援してあげたくなる、

そういう彼らであって、彼らの番組なんですよ。

ほかのタレントさんには、こういう感じはないなぁぁぁ。

簡単にいえば、これはSMAPさん一人一人にある、人徳だと思います。

ただ、できれば、この番組、続けて欲しかった。だつて、文具のトレンドとか、この番組で知ることも多かったし(笑)。

かなり役に立つ、真面目な番組でもありました。だから、本当に残念!!!!!

でも、最終回のゲスト、山本さんも、最高でした。

体を絞っているというのに、深夜に、こってりしたもの、甘い物をきちんと食べていました!お見事でした。

番宣もありつつ……とかいいながら、局長に呼ばれれば、かならず駆けつける、さすが副長様です。

それから、大下アナも、最後まで香取さんと良き相棒でした。


いろいろ言いたいことはあるけど、終わりはさっぱりと見送りたいと思います。

長い間ありがとう~~~~~~!!!


で、そのあとの生さだですよ!!じぇじぇじぇでしたよ!!!!!

「ひよっこ」、面白いですよ。最近の朝ドラのなかでは。

でもねえ、やはり、「あまちゃん」は私のなかで、朝ドラ第一位のままです。ずば抜けています。

本当に素晴らしい朝ドラでした。ごめんなさい、2位がみつかりませんぐらいです!

だから、久慈駅がNHKに生放送で出てきて、またまたほろりです。

その朝ドラのヒロインの、のんちゃんも、これからも頑張ってほしい!!!

「この世界の片隅に」も良かったし!!!のんちゃんなくして、すずさんなし!

しみじみ、うまいなぁぁと思います。時代劇もやってほしいなぁぁぁ。


昨夜は、淋しくて、懐かしかった、そんな土曜日の夜でした。




[PR]
by aroe-happyq | 2017-09-24 13:46 | ほんの世間話 | Comments(0)
まだまだポケモンGO、続けていますよ~~~~(笑)。

レイドバトルに参加するようになって、ますます面白くなりました。

とはいえ、いつもできるわけではなくて。
昨日の秋分の日は、天気もまあまあだったので、
久々に10キロ歩いてやる!と意気込んで、イベントも始まったポケモンGOを相棒にウォーキングしたのでした。

少なくなっていたアメを確保するため、わたしのコイキング捕獲ポイントの、渋谷川~宇田川暗渠を
ぶらぶら歩き始めたのですが……。

いきなり、渋谷川暗渠の道で、ミニリュウちゃんが3匹も登場し、これはなんかついている日かもしれない!と。
ついているといえば、なかなか捕獲できない、金色のコイキングと、会えるんじゃないかと、嬉しい予感が。
(この裏原宿の暗渠道は、良質のコイキングが捕獲できるポイントです。前に、個体値100%のコイキングをゲットした
思い出の道でもあります。ちなみにそのギャラドスは「渋川アンキョ」と名付けました。昭和初期の浅草芸人ぽいですが、めちゃ強い子です)

なにせ、金コイキングがよく湧くぞ、と噂を聞きつけて、わざわざ夏の横浜のポケモンGOイベントに駆けつけたぐらい、
(しかし出なかった……。ほかのレアポケモンはたくさんゲットしたのですが)
金コイゲットは宿願でしたが、捕獲への道は、まさに茨の道でありました。

裏原宿を抜けて、渋谷駅のそばの、ポケモンがたくさん湧く、駅前ポイントをぶらついて、
渋谷駅の変貌ぶりに驚きまくって、宮益坂下で建設中の高層ビル(前は東横線のホームだったあたり)を見上げていたら、
コイキング(この時は通常色)が出たので、なんとなく、ポチったら、……うわっ、出た。

いざ、金コイキングと出会うと、パニックになりましたが、慌てつつも、CP10だったので、あっけなくゲット!

あとで、調べたら、宮益坂付近は、金コイ出現多発地帯という、都市伝説ポイントだったそうな。
(知らなかった~~~~~。だったら横浜まで行かずとも、渋谷で粘れば良かったのね)

↓最近の最大の釣果であります。さっそく個体値をチェックして、スクショしましてございます。

d0080566_10521494.jpg



もう二度とは、会えないでしょう。

CP10というポンコツのわりに、個体値がそこそこ。博士の評価も上々でした。

これは、赤ギャラドスにして、じっくり育ててやらねば!

というわけで、数日のあいだ、愛でてから、赤ギャラドスに進化させるつもりです♪
(名前は、「宮増坂下」の予定(爆)←ひねりなし)


この日は、このほかにも、代々木体育館のジムでのレイドバトルで、2匹目のスイクンもゲット。
(しかも、チャレンジ一投目で、捕獲なんて、ありえない~~~~~。いつも惨敗ばかりなのに)

10キロ、しっかりと歩き、目標も達成しましたが、なんだかポケモンGO的に、つきまくっていた一日でありました。
(嬉しさのあまり、御祝儀の意味もあって、ものすごく久々に、帰りに課金しました(最低価格だけど)。孵化装置のすごい奴でも買おう!)

しかし、金コイとれちゃったから、いつでもポケモンGOは辞められることに。
といいつつも、かなり楽しいので、もう少し続けたいなと思います♡



[PR]
by aroe-happyq | 2017-09-24 09:54 | ほんの世間話 | Comments(0)
友人に教えてもらいましたの、記事がありまして。

シネフィル→こちら

ディオールやラルフ・ローレンのCMを手がけていた、という内容ですが、
さすが、カーウァイ監督、女優の使い方がうまい~~~~。
とてもつもなく、エロいです(褒め言葉)。

さて、この記事の最後に、前回の記事でお知らせした、新作の内容に触れられている部分がありまして。

ウォン・カーウァイ監督は、Amazonと組んで新作のドラマ『The Tong Wars』を
発表することがつい最近発表されました。

アメリカの歴史は極めて暴力的な時代とされる19世紀後半のサンフランシスコを舞台に、
そのチャイナタウンエリアで「トング」と呼ばれたマフィアの争いを描くといいます。

アメリカって国の19世紀後半は、サンフランシスコでも、極めて暴力的な時代なのね(笑)。
もう、ニューヨークだけじゃないのね~~~~。
どんな野蛮国なんじゃーーーーっ。こえぇぇぇよぉぉぉぉ。
(そんな国へ、日本人はたくさん、移民に行かれました。どれほどのご苦労があったことか)

でも、チャイナマフィアの抗争モノなんて、カーウァイ監督ってば、いきなり先祖帰りか!?
脚本家さんのころ、さんざん手がけたテーマのような……。
(舞台は香港だけどね)


[PR]
by aroe-happyq | 2017-09-19 10:17 | 香港&アジア映画 | Comments(0)
新作はまだかーと思って、ググっていたら、英語のページと遭遇。

記事(英文)→こちら

Googleのあてにならない翻訳で、読んでみたところ、タイトルのような話が進行中らしい。

アメリカへの移民の話てーと、社会派っぽい内容なのか?

……いやいや、この監督さんはラブストーリーしか撮れないんだから(笑)、
いや語弊がありますな。撮れないのではなく、
古装劇を撮っても、武術映画を撮っても、気が付くと恋愛モノになっている、
という、そういう宿命の監督さんなのよ。

諦めて、50年代でもいい、60年代でもいいから、香港を舞台にした、素敵なラブストーリーを撮って!
(40年代~~と言いたいところですが、そうなると、野暮天な日本軍人とか出てきてめんどくさいのでやめた)
できれば、トニー・レオンさんの50代の渋めの色気の効いたやつで~~~~~~。

……とはいいつつ、移民モノでも何でも、新作がみたいのは事実です(笑)。


[PR]
by aroe-happyq | 2017-09-11 13:49 | 香港&アジア映画 | Comments(0)
いきなり、なんじゃそれのタイトルで、お久しぶりの更新です(笑)。

もうけっこう古い映画ですが、
マーティン・スコセッシ監督&ディカプリオ主演の「ギャング・オブ・N.Y.」ってありますよね♡

まだビデオの時代に、レンタルした記憶がある、ってなぐらい昔の映画ですが、
先日、たたき売り状態のブルーレイ特売に出くわしまして、そこでこの作品に再会しました。

しょうじき、初回みた感想は、「まーなんて昔のNYって、ひでぇぇぇ町だな!」ってなぐらいだったのですが、
(リーアム・ニーソン好きとしては、冒頭、かっけーな、ぐらいに。
プリオ様はこの頃から太り出して、ちょっとなーと)
なんか、マーティン・スコセッシ監督のコメンタリーが収録とあったので、
「あ!監督とこの映画みたら面白そう」と思って、
BDを衝動買いしました(990円でね)。

で、ん十年ぶりに、見たのでございますが、これみた当時は、
今ほど江戸マニアではなかったので、
年号にあまり敏感ではなかったのです。

でも今回みてみたら、物語は1840年代にはじまり、
ラストは1863年(文久3年)ってことに感激!!!

つまり、N.Y.ッ子のタウンゼント・ハリスさんが、暮していて、
兄弟と営んでいた会社潰して、外交の道へ旅立つ前の時代に始まり、
ちょうど日本から帰国した翌年に終わる、そんな映画だったのでした。

つまり、江戸時代のN.Y.か、いやーそう思って、比較すると、
N.Y.って、ホントにダメダメですよ!
(もちろん、映画の娯楽性のために、いささか強調した部分は、
ちゃんと汲み取ったとしても)

N.Y.の最下層の住むエリアが物語のメインですが、
古い移民グループ(移民だろ?なのに、ネイティブズとか名乗っている(爆))と、
新しい移民グループが、それぞれ小さな組をいくつもつくって、抗争にあけくれています。
タイトルは、ギャングって、なっていますが、1920年代のギャングを想像してはいけません。
ギャングとチーマーの中間ぐらいの、感じです。
同時代の日本の博徒さんに近いけど、博徒よりも、モラルがない。かなりひどい。

彼らは火消しも担っているのですが、当然、火事場で別のグループと出会えば喧嘩となる。
これは、江戸の町火消しも、まあ同じです。ですが、彼らは火事場泥棒でもあって、これが最悪!
燃えている家で盗むのはいいけど、なぜかまだ燃えていない隣の家も、泥棒にはいる。
しかも、誰も止めないし、警察なんてなにげに容認している~~~~。家の人が止めても無駄。
火も、まともに消さない。でも江戸と違って、木造ではないので、燃え広がらないから羨ましい。
(町奉行配下の町火消しのある、江戸はなんて秩序があって平和なんだろうと、再確認)

移民にやってくる人びとへのヘイト行為は日常茶飯で、寄港した船に盗みにはいるのも、殺人も当たり前。
おいおい、ハリスさんよ、お前さんは岩瀬たち海防掛に、随分とN.Y.の自慢をしていたみたいだけど、
どーみても、江戸のほうが、都市としてはるかに、まともよ?って、思う次第です。
ペリーやハリスに日本は「半未開」呼ばわりされたけど、似たようなもんだぜ。
これが「文明」か?……とぼやいていたら、スコセッシ監督はコメンタリーで、
N.Y.について「未開」とはっきりご発言。さすが!でございます。

あ、そうそう。物語についても説明を。
主人公の少年が、移民グループの頭だった父を、ネイティブズとの抗争で殺され、
施設で育った後、N.Y.に戻って、殺した一方の頭に近づき、ちょっと悪の魅力に惹かれつつも、
やがて苦労の末に仇討ちを成功させるという、実に、江戸末期といふ同時代にふさわしい、仇討ちモノです。
(やはり、地域は違えど、メンタル的に、人間とは同時代的な行動をするものなのか?)

でも、物語よりも、やはり、興味深いのは、移民の町のN.Y.の実相と、リンカーン登場、南北戦争勃発という、
時代背景でしょうか。
仇討ちと平行して進む、クライマックスの徴兵制に反対する市民が起こした、N.Y.大暴動がまた、凄い。
これは1863年に起きた、N.Y.史のなかでも、9.11の次に大きな悲劇だったのだとか。
鎮圧するために、治安部隊はバンバン銃を市民に撃つし、
港の軍艦から、彼らに向けて大砲をぶっ放すんでございますよ。
リンカーン政権、なかなかワイルド……。こんな高圧な態度に出るから、誰かに命を狙われるのさ、大統領。

……ハリスさん、気の毒に、愛する故郷に帰った途端、この暴動に遭遇したのね……。
打ち壊しする人びとは、高級住宅街にも侵入して、家は壊すわ、物は奪うわで……、ハリスさんは無事だったのかしら。

とまあ、初回にみたときよりも、楽しめたのは、やはり監督のコメンタリーのおかげ。

スコセッシ監督も、N.Y.生まれで、この街を愛し続ける人。「沈黙」等の信仰に関する映画は別として、
この監督のNYを舞台にした映画は、どれも、本気で素晴らしい。
そのNY愛が、コメンタリーにもほどばしっており、歴史をわかりやすく解説してくれます。
この暴動の背景も、映画以上に、よくわかりました。
なので、この映画を歴史を楽しむために観賞される場合は、監督のコメンタリーも合わせてお楽しみください。

文久3年といえば、日本でも動乱期突入の年。事情はことなるけれど、N.Y.も、江戸も、いろいろたいへんだったのね。
……なんてことを想いながら、みると、この映画はなかなか奥深いです。

でもねーーー、身贔屓すぎと言われるのを承知であえて言わせていただくと、
やはり当時の世界NO.1の大都市・お江戸は、動乱期とはいえ、治安もよし、人気(じんき)もよし、で、
なかなか良い城下町だな~~~と、同時代のNYを見て、再確認した次第です(笑)。
(ハリスさんに騙されて、N.Y.をかっけー街だと誤解した、外国奉行諸氏にこの映画を見せてあげたひ)

【追記】

この記事をみてくれた、幕末友からLINEがきまして。
「こんなに治安がひどかったね、アメリカの都市は。良かったよね、釜次郎さんたち。
南北戦争のおかげで、アメリカ留学から、オランダ留学へ振替になって!」

嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼、そうだわーーーーーっっ(忘れてた)

ハリスの膳立てで(軍艦注文との抱き合わせだけど)、最初の留学先はアメリカだったっけー!
当然、この街へも行ったはず。住んだかはわからないけど。
うーむ、オランダのほうが、いいよーーーーーー!!!
釜次郎たち、良かったよね~~~~~~。
学問を学ぶ環境が整っているとは思えん!ヨーロッパのほうが落ち着いていて、絶対にいい!!
……という、やりとりをして、ほっこりしてしまいました。




[PR]
by aroe-happyq | 2017-09-10 10:35 | 広く幕末ネタ | Comments(2)
ちょうど、1年前の9月2日の初戦で、なんか疑惑だらけの判定で、負けてしまい、
「初戦で勝てないチームは、本選にいけない」ジンクスに怯え続けてきましたが!

あ~~~~も~~~~、昨日、2-0で、オーストラリアに勝利する、素晴らしい結果で、
W杯の切符を手にしまして、本当によかったぁぁぁぁぁぁ。

しかも、若手を起用しての、チャレンジングで、ハリル監督の采配も大当たり!

私は、この1年、早く世代交代すべきという想いが強くなっておりましたので、
監督の采配に、感謝しております。

日本代表といえば、本田、香川、長友……と、レギュラーな人びとがいますが、
彼らも、元は南アW杯直前に、岡ちゃん監督のいきなり起用に見事こたえた、若手でした。

あれから、ブラジルがあり、来年のロシアとなれば、もう8年。

ぼちぼち、新たな若手も、育ってきて、彼らは起用のチャンスを待っているはず。

なので、昨日も、その監督の期待に、見事に応えたと思います。

すでにベテランになった、レギュラーな人びとには、若手のサポート役にまわってもらい、
共に協力し合い、W杯で一次予選を突破してほしいものです。

ただ、ハリル監督が家庭の事情で、退任するかもしれないとのニュースもあり、
むむむ、本選にこそ、いてほしいハリルさんなのですが、あまり無理は言えませんので、
(フランスと日本はあまりに遠すぎる)
今後の様子を見守っていきたいと思います。

が、とりあえず、よかった。そういうことにしておきます☆

【追記 9月1日午後7時40分】
ハリルさんが、続投を宣言しました。どうも退任云々の報道が世界を駆けめぐってしまったらしい……。
「2年半を過ごしているこのグループに愛着がある。私の力は日本サッカーのために注がれている」
「今後、どれくらい日本代表監督を続けられるかは結果次第。残念に思う方もいるかもしれないが、ここで仕事を続ける」
とのことです。とっても、ハリル監督らしいコメント。
でも、ホッとしました。





[PR]
by aroe-happyq | 2017-09-01 10:37 | 香港&アジア映画 | Comments(4)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq