東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

幕末好き、新選組好きで、アニメとか漫画情報が届かない皆様へ、
勝手ながら、お知らせさせていただきます~~~。
(って、ワタクシも疎くて、今頃知ったのでございますーーー)

まずは、アニメイトの告知サイトをご覧ください。→こちら

24日に、全国のアニメイトの店舗に行って、「星のとりで」を購入し、レシートを取っておく。
んで、28日に、またまたアニメイトの店舗で、
「星のとりで」の最新話の掲載されている(ちょうどコミック1巻の続き)、
雑誌「WINGS 8月号」を購入して、レシートをもらうと、
描き下ろしバージョンの「星のとりで」のカバーが貰える、という企画です。

んで、作者さんのツイッターを覗いたら、そのカバーの全貌が!→こちら

元々のコミックのカバーも素敵ですが、この描き下ろしバージョンの破壊力といったら!!!!!

シッシーナ夫人ですよ!

モンゼット夫人ですよ!!!
(いずれも、@宝塚歌劇「ベルサイユのばらフェルゼンとマリーアントワネット編」←先週CSで久々に見た!)

失神して、悶絶しそう~~~~というやつですよ!!!


雑誌のほうも、買わないとなんですけど、最近、毎号買っていたので、特に問題ナシ。

というわけで、他の書店では、特典もないらしいので、行くか!アニメイトの店舗へって感じです(笑)。




[PR]
# by aroe-happyq | 2017-06-18 13:40 | 新選組! | Comments(2)
かつて、「恋する惑星」が好きで、フェイ・ウォンに憧れていたと、対談で語っていた、
満島ひかりの新曲MV(MONDO GROSSO /「ラビリンス」)が、
なんと!全編香港ロケ、しかもディープな女人街の深夜ロケですよー。
ひょっとして、王家衛よりも、大胆なロケかも(笑)。

キュートなダンスも、素敵!

というわけで、youtube、貼っちゃう♡




[PR]
# by aroe-happyq | 2017-06-07 18:27 | 香港&アジア映画 | Comments(2)

杉本苑子さんの歴史小説

杉本苑子さんが亡くなられたとのニュースをみて、寂しい気持ちと共に、感謝の想いが湧きました。

歴史小説が好きだった私は、学生時代に、手当たり次第に乱読していたのですが、
杉本苑子さんの作品に出会って、しっかりと考証調査すると、歴史小説は、
こんなにも骨太なものになり、人物が輝きだすのだ、ということを教わりました。
いろいろ読んだけど、最も影響を受けた歴史作家さんが、杉本さんでした。

創作と考証の兼ね合いは難しいところです。
創作を押し出せば、外連味があって、派手で見栄えがよくなる。
考証を重視すれば、骨太になるけど、地味になる。

杉本さんの作品は、どちらかというと、派手ではなく、地味なほうです。
だけど、芯がしっかりしていて、結局何度でも読み返してしまう、魅力があります。

何かの短編集で、杉本さんが、小説を書くにあたり、何度でも図書館へ調べに行き、詳細な年表を作って、
どうしても、埋められない歴史の空白のみを、創作で埋めていくと、あとがきで書かれていて、
嗚呼、素敵!!、と、ひざまずくほど、痺れてしまった記憶があります。
これぞ、歴史小説作家さん!
歴史をリスペクトし、それを最大限、作品のなかに生かそうと試みる。
そういう、歴史へ、小説へ、どちらにも真摯な姿が、本当に格好良い方。

「孤愁の岸」などは、そういう手法の作品で、良き歴史小説でした。
「穢土荘厳」も、「檀林皇后私譜」、「絵島疑獄」なども、みーんな好きです。

「玉川兄弟-江戸上水ものがたり」では、玉川兄弟と関係のないシーンですが、とある場面が、今だに印象に残っています。
老中の松平伊豆守が、冬の朝、早めに江戸城に出仕していて、今でいう給湯室で(笑)、白湯をしみじみ飲む
という、たわいもないシーンですが、その場面を読んだとき、はじめて江戸城本丸の政庁の姿や、
伊豆さんの人間像が、生々しく浮かび上がり、「時代劇」と違う、
歴史上、確かに存在していた伊豆さんと御城を感じたことがありました。
しっかりと描く時代背景の下地ができている作品ならでは、です。

一方で、芸道に関する作品も、いろいろありました。
「華の碑文」の美しさ。
これはもう、芸術そのもの。能楽にのめりこんでいた杉本さんならではの愛がいっぱいの小説でした。

でも、マイフェイバリットは、「傾く滝」です(笑)。
通学途中に電車の中で、ぶっちゃけ、歌舞伎の芸道モノだと思い込んで読んでいたら、
「先生好きだ」と主人公の8代目團十郎が叫び、浪人の家庭教師の先生が「俺が好きか」
となって、……いきなりのBL展開に、度肝を抜かれたのですが、これがまぁ、泣ける作品で。
(まだBLなんて言葉のない時代でございましたが、杉本さんの作品、けっこう衆道モノ、ある♡)
いまだにBLというジャンルでいうなら、この小説は、わたしの鉄板です。

歴史というより、時代小説で、もっとも愛している作品が、「元禄歳時記」。
若き新井白石と、甲府宰相綱豊の友情を軸に、元禄のさまざまな物語が展開していく、
爽やかな小説です。
わたしの家宣好きのきっかけの小説(笑)。運命の出会いでした。

杉本さんの小説は女性を描く作品が多いのですが、
この方は、さっぱりした作風なので、男性を主人公にした小説が、本当はいいのです。
だから、もっと、骨太な武家モノを書いて欲しかったかな~~~。

最近は、書店で文庫をみかけなくなりましたが、古本でいいので、
ちょっと手にとっていただきたいな、という作家さんです。

新作を読むことはできなくなりましたが、たくさん残してくださった作品がありますから、
その小説を読み直していこうと思います。

杉本先生、たくさんの良作を生み出していただき、本当にありがとうございました。




[PR]
# by aroe-happyq | 2017-06-02 22:09 | | Comments(6)
本日、ニュースで知りました。

明治のカールが一部地域を除いて、販売が終了するのだとか。

わたしは、子供の頃から、カレー味の虜であります。

今でも、1~2週に1度は、カレー味を買います。

正直、ほかの味に、興味はありません(汗)。
(なので、わたしのなかで、カレー味の終了とともに、カールとはお別れだ……)

カレー味は、近年リニューアルされて、より美味しくなったというのに~~~~。

この夏まで、買い続けてやりますよ!(笑)

思い出として、2年前に、なぜか☆形のカールさんと遭遇した時の、記念写真を(笑)。

d0080566_19052440.jpg

[PR]
# by aroe-happyq | 2017-05-25 19:08 | ほんの世間話 | Comments(2)
以前も、ご紹介した作品2本が、相次いで新刊発売されます~~~~!
2ヶ月連続で、発売なんて、ちょ~~~~~嬉しい!!!!

スケジュール順に、紹介♪


d0080566_17261193.jpg
伊庭八郎を主人公に、幕末の江戸を描く、

無尽 4巻  5月30日に発売~~~~~っ

Amazon 無尽4巻のページ →こちら

来週の火曜日なのですが、ものすごく楽しみ!!!!

雑誌のほうが、我慢して立ち読みしないように、しているために、表紙を見ての妄想ですが、
吉原かな???ということは、小稲の登場?????
(※勝手な妄想なので、ハズレても責任は負いません(笑))
1~3巻も、面白いのですが、だんだん時代が剣呑になっており、
八郎さんたち(&試衛館の人びとも)にも
そうした荒波が押し寄せつつあり、
巻が進むのが、嬉しいような、怖いような、であります。



d0080566_17344105.jpg


さて、もう一冊は、ついに1巻出るのね~~~の、

星のとりで 1巻 6月25日に発売~~~~~~~~っ

Amazon 星のとりで 1巻のページ →こちら

表紙が、ザ・副長!!!!!

おおおおお~~~~~~~~っ!なんか、ゴージャス!(ってこの表現はおかしいか??)

こちらは1話から、ウイングスをチェックしておりまして、今発売中の6月号では、
額兵隊の星さんと、衝撃隊の細谷さんの番外編「満天の星」が登場中!!!
土方さんがかっこいいし、鉄ちゃんたちボーイズが可愛いのはもちろんだけど、
箱館に関わるメンバーの詳細なエピソードが、これからも紹介されていくかと思うと、
ずっと、ずっと、続いてほしい作品です♡
(箱館戦争、ぜんぜん始まらなくていいから!って感じ(笑))
 









[PR]
# by aroe-happyq | 2017-05-23 17:44 | 広く幕末ネタ | Comments(4)
Bunkamuraル・シネマで現在上映中のドキュメンタリー映画『メットガラ ドレスをまとった美術館』。
この映画に、王家衛(ウォン・カーウァイ)が登場していることから、特集上映が組まれたようです。

上映作品は、「恋する惑星」「天使の涙」「ブエノスアイレス」「花様年華」の4本。

スケジュールは、公式サイトにて。→こちら

何が素晴らしいって、

¥1,200均一 (『メットガラ~』の半券ご提示で¥1,000、学生の方も¥1,000)(税込)

というリーズナブルなお値段設定!

今まで、映画館でこの人の映画を、みたことがない人は、ぜひぜひ!!!!

あ!上映期間は、2017年5月27日(土)~6月9日(金) です!

それにしても、カーウァイさんて、北野武同様に、本当にフランスに愛されていますね(笑)。

とはいえ、この4本て、90年代~2000年代のはじめの作品なんですよね(古!)。
それ以降、「2046」とか、「グランドマスター」撮っていますが……。
あ~~~~、また素敵な映画、撮ってほしいぃぃぃぃ~~~~~っ



[PR]
# by aroe-happyq | 2017-05-16 19:18 | 香港&アジア映画 | Comments(0)
「真田丸」のイケメンボイスと言えば、兼続役の村上新悟さんですが、
歴史ヒストリアで別の武将役を演じたらしいのですが、
そのNHKのPR動画が、なんとも遊ばれすぎ、というか、愛されすぎていて、
思わず、ブログ記事にしてしまいました。

必見?必"聴"!村上新悟イケボ集!!
~歴史秘話ヒストリア スピンオフ動画 →こちら

とりあえず、いつ放送されるか分かりませんが、村上さん出演の歴史ヒストリアは
チェックしておきたいと思います。(笑)





[PR]
# by aroe-happyq | 2017-05-16 14:22 | ほんの世間話 | Comments(0)
今月の15日に、上野公園内の彰義隊墓所で、150回忌の法要が行われるそうです。

公式サイト→こちら

上野戦争で有名な彰義隊ですが、その前の数か月、無政府状態となった江戸の治安維持に従事
してくれました。
(新徴組が庄内へ行ってしまい、その代わりを勤めてくれていたわけで)
江戸市民は、夜に見廻りであるく彼らの提灯に、彰義隊の文字をみると、ホッとしたそうです。

もちろん、京軍のあらくれを見つけると、ボコボコにしたり、暴力沙汰もありましたが(笑)、
この場合、互いに倍返しの繰り返しなので、まあ許してあげてね、と思うのであります。

戊辰の江戸というと、上野戦争ばかりが取り上げられますが、
もしも自分が江戸の住民だとして、本当に恐ろしかったのは、1月から4月にかけてです。
大名や一部の旗本が国許へ帰っていき、がら空きになった江戸の街が出現し、
京軍が江戸を攻めようと進軍しているという噂が飛び交って、
これから江戸がどうなるのか、さっぱりわからねぇという、この瓦解期ですよね。
そんなときに、新徴組も去り、夜盗が横行し、治安が加速度的に悪化していくなか、
彰義隊の提灯は、どれほど、江戸の街で、希望の灯りであったことか。

江戸の治安権を、彰義隊から奪おうとか、いろいろくだらない画策をして、
(彰義隊に治安を守らせる件は、西郷も了承済みなわけですけどね!)
ついに上野に彼らを追い詰めて、破滅させた、
占領軍の大村益次郎どもを、もっとディスってやりたいのですが、
なにせ、こいつ(って長州じゃん。同じ日本人と思えんセンスが超苦手)
を調べる気力がまったく起きない(笑)。
悪口書くにも、正確でないと、意味がないしネというわけで、
ま、放置させていただきますけども!

そんなこんなで、法要のお知らせであります。


[PR]
# by aroe-happyq | 2017-05-11 09:55 | 広く幕末ネタ | Comments(0)

電影新聞の記事(簡体字)→こちら

〈繁花〉というのは上海を舞台にした小説とのことで、舞台も上海かな~~。

うーん、たまには王家衛さん、香港で撮影しないかな~~~~~~~~っ。

プロデュース作品の〈擺渡人〉ですが、トニー・レオンや金城武が出ているにもかかわらず、
食指が動かないまま、ブルーレイなり、DVDなりをポチっとする気になれません。
もう、香港以外の、大陸の都市で撮影した、ダサイ映画は見たくないの~~~~~~。
せっかくの張叔平(ウイリアム・チョン)の美術とかも、ダサイ何かが影響して、
個性が死んじゃうんですよーー。ウイリアム師匠のセンスが無駄使いされていて、もったいないっっ。

でも、次回も上海らしいし。
……嗚呼、花様年華の頃が懐かしい~~~(ま、ロケ地はタイとか香港以外もあったけど)。

とか、愚痴りながらも、やっぱり名作であってほしいと期待してしまいます(笑)。

さて、香港といえば、ふと新宿の紀伊国屋書店の前を通りかかったら、道の反対側に
「周大福」ができていた…………。
なんだろ、チャウさんの赤い看板をみると、もうそこは香港にしか思えない~~~。わくわくする~~~。
(新宿なんだけどね、間違いなく!)
ちょこっと見える、店内の黄金色がまぶしいし……(笑)。


さて。
〈繁花〉もきっと、数年後の完成だろうから、
気長にウォッチしていきたいと思います~~~。




[PR]
# by aroe-happyq | 2017-04-24 19:18 | 香港&アジア映画 | Comments(0)
いよいよ、最終シーズンがNHKで放送になりますね!


 公式サイト→こちら

5月7日(日)午後11時から!
この日を待っておりました~~。

どんなラストになるのか、グランサム家は世界大恐慌の荒波を乗り越えられるのか!?
(って、そこまでやるのか!?(笑))

しかし、イギリスのドラマは、なんか心を癒やされます。
時代モノというのもあるとは思いますが、スキャンダラスな展開にもほっこりさが
あります。

昨年から、すんごくハマッているアメリカのドラマ「ハウス・オブ・カード」は、
(ケビン・スペイシーをドラマシリーズで見られる幸せ♪といったら!!)
元はイギリスの小説&ドラマですが、
舞台をアメリカのワシントンに移すと、こうもえげつなくなるのか、と人間の欲望の深さと愚かしさに
溜息がでます(けど、それが面白いといえば、面白い!)。
ただ、とんでもない性格の最悪の主人公ですが、フランク・アンダーウッド大統領は、
リアル大統領のトランプさんより、政治はちゃんとやれてるのが、もっと悲しい(汗)。
たいへん好きなドラマだけど、「ハウス・オブ・カード」をみたあと、
口直し的にダウントンとみると、なんか、ホッとします。
(トーマスの意地悪なんて、かわいいものであります)

おっと、話はそれましたが、すっかり愛着あるグランサム家であり、
とくに伯爵ファンでもあるので、いろいろトラブルはあるだろうけど、
あの家族たちには、ダウントンアビーに暮し、それなりに幸せでいて欲しいなぁと思う次第です。

なので、「ダウントン・アビー」最終シーズンは、けっこうドキドキです(笑)。



[PR]
# by aroe-happyq | 2017-04-23 14:23 | ほんの世間話 | Comments(0)
すっかり放置してすいませ~~~~ん!

さて、数年にわたって開催されてきた、「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史」展が
総集編になって、よりぬき写真てんこもりで、戻ってきました!

公式サイト→こちら


とはいえ、4部構成の3部目でやっと行けたんですけど~~~~~~っ

でも、久しぶりに見る、幕末の写真はいいですねーーーーーー。

ポスターも、図録も、ジャケは土方さんでして、それだけでおおーー!って感じです。
(来週から、江戸博で、龍馬展やるじゃないですか、こちらも有名人推していかないよね!(笑))

……あ、龍馬さんはご本人は嫌いじゃないですよ!
小説の虚像のほうは、きついですけど(汗)。
なので、江戸博いこーか、どーしようか、考え中です。
(海軍伝習関係の展示がどれぐらいなのかによりますわ~~~~~)

しかし、大政奉還から150年の今年は、龍馬没後150年なんですね!すっかり忘れていました(汗)。
江戸博公式サイト→こちら
ポスターみて、「そおおおおおおかぁぁぁぁぁ」と。


それはさておき、写真展は面白かったので、GWなどにぶらりと恵比寿散歩はいかがでしょうか?


[PR]
# by aroe-happyq | 2017-04-20 19:38 | 広く幕末ネタ | Comments(2)
ニュース→こちら

タイトルは「影」だとか。

三国志の映画を、張芸謀監督が撮る!?

前作の「長城」(宋時代の万里の長城で、モンスターと戦うってお話)の会見で、
「中国の宋朝は愛国心が最も強い時代だ」とか発言していて、「そうだっけ!?」と
突っ込んでしまうぐらい、最近微妙な作風なんだけど、
せっかく作るのだし、三国志の映画、面白いといいな……。

でもまた周瑜とか出る噂があるので、そうじゃなくて、別のエピソードが見たいです。
曹操メインの映画は作られたので、今度は思い切って、劉備とかどうでしょう!?
(え!?つまらないですって!?? それを面白く見せてくれって~~~~~~っ)

個人としては、フー・ジュン(胡軍)さんがなんの役を演じられるのかが、
たいへん気になります。

とにかく、続報を待ちます!



[PR]
# by aroe-happyq | 2017-03-21 17:30 | 香港&アジア映画 | Comments(0)
朝日デジタルニュース→こちら

 江戸時代に吉原遊郭の花魁(おいらん)が着飾って練り歩いた様子を再現する「江戸吉原おいらん道中」が
4月8日(雨天時は9日)、
東京都台東区浅草の一葉桜・小松橋通り一帯で開かれる。
浅草観音うら一葉桜まつり」のメインイベント。
華やかな衣装をまとって花魁に扮した地元保存会のメンバーが高げたをはいて、
独特の歩き方「外八文字」で練り歩く。
午後1時からと午後2時45分から各30分間。

朝日デジタルは見られなくなる可能性があるので、ちょいとコピペしておきます。

ちょうど桜も満開の頃です!

ただでさえ混雑する浅草がたいへんなことになりそう~~~~~~~ですが、
向島の花見のついでに行けたら、行ってみたいですわ♡





[PR]
# by aroe-happyq | 2017-03-20 19:45 | 江戸東京あれこれ | Comments(2)
最近、チェックしていなくて、たまたま見たら、やはりすごい記事があった、
歴史REALの氏家幹人氏の「続・幕臣伝説」のひとつより。

第25回幕臣旗本の“薩摩ショック”→こちら

詳しくは、↑の実際の記事を見ていただくとして、
江戸と薩摩は外国なのか!?ぐらいの、カルチャーギャップに驚きました。

もちろん、わたしは酒井殿のなすった行動に賛成です。
自分が酒井殿でも、同じように助けようとしたことでしょう。

でも結果はまさに、「武士道残酷物語」。
しかも、昭和の創作じゃなくて、リアルなやつ!(笑)。

何て、気の毒なのだ~~~~~~~っ

めぐまれた都会人である旗本にとって、薩摩藩の極端に武闘的で融通のきかない気風は、
粗野で非常識と感じられたに違いない。
もちろん戦えば薩摩の方が強いに決まっている。
都会人は総じて享楽的で柔弱で、武士ではあっても、戦士には向いていないからだ。
しかしその分、現代のわれわれ、とりわけ私のような柔弱男子には親しみ深い。
勇猛でヒトゴロシに長けた薩摩藩の男たちより、
臆病で優柔不断な幕府旗本の方がずっと好ましいのである。

まったく同意見!以上です!!(笑)

(そして明治以降、ここにもうひとつ長州という厄介なのが加わって、無茶な舵取りで近代日本を
世界の嫌われ者の、粗野でダサイ国にしていくわけだな (T-T))


さて、この酒井隠岐守って、あの幕末の隠岐守さんのお父さんでしょうか?
酒井隠岐守腰元さ~~~~ん、教えて~~~~っっ >私信



[PR]
# by aroe-happyq | 2017-03-13 10:35 | 広く幕末ネタ | Comments(4)

6年です。


東京人にとっては、3月10日の下町の大空襲の日という、とても大きな日があって、
その翌日には、もっと大きな出来事のあった日が続きます。

とくに今年は、「この世界の片隅に」を先月にみたばかりで、
あらためてあの時代について、経験していない世代なりに、じんわりと考えることが多く、
前日に、すごく鮮明な大空襲時の東京の空撮写真とか公開されちゃったりしてね、
やるせない気持ちで3月10日を迎えました。

そして、11日となりました。

この1年、何が腹立たしいって、横浜や東京の千代田区の中学で起きた、
福島からの避難者へのいじめ(なんて可愛いレベルでなく、恐喝じゃね?の犯罪レベルだけど)であります。
横浜は県外だからさておき、千代田区てあーた。もうがっかりですよ。
東京で、ホンモノのセレブのいる区こそ、千代田区ですから、てっきりしっかりと教養のある人が住んでいると
信じ切っていた、同じ東京人であります。それが、どーだい、どーだい!?

そもそも、横浜だ、東京だって、どっちも東京電力管内というのが、なにより恥ずかしい。
もう一度確認いたしますと、福島は東北電力管内でして、福島第一で発電していた電気はすべて、
関東甲信越の東電管内の人たちが消費していたわけです。
その東電管内で、こんないじめが起きていたなんて、いやもう、腹立たしくも、恥ずかしい。
ずっとお世話になってきたわけですよ、福島の土地で、発電して、それを送ってもらって。
(この件は、3.11までは知らなくても、その後、かなり報道されていたはずですから)
少しは感謝の気持ちがあっても、よさそうなもの。
その発電所で起きた事故で傷ついている同級生へ、なぜ優しい言葉がかけられないのだろうか……。
それ以前に、転校生をいじめる構造が理解できないワタクシなので、
(都会の超小規模小学校で育ったので、転校生はまさに激ウエルカムだったのです)
まったくもって今回のいじめの件は、ぜんぜん意味がわからないのでありました。

鎮魂の日に不似合いな、怒り記事で相済みません。

少し前ですが、その超小規模小学校の同窓会があったのですが、7年ぶりだったのです。
震災の前年以来かー、という話から、やはり「あの日、どうしてた?」となります。
飲食店を営んでいる友人は、とにかく大きな揺れのなかで、火の始末に心がけ、
ちょっとだけヤケドをしたとか。
ものすごい大地震ではなかったゆえに、ガスが揺れで停止しなかったので、無茶したそうな。
そこまで必死になったのは、火事を出してはならぬ!、と小学校でくどいほど、
防災訓練で言われたおかげだそうです。
(当時、定年間近の先生なんて、防災頭巾を、よく防空頭巾と言い間違えていたっけ(笑))
やはり、訓練は大事です。

あと、10分弱で、地震の発生時刻です。
わたしは、今年も、手を合わせたいと思います。



[PR]
# by aroe-happyq | 2017-03-11 14:39 | Comments(2)
まずは、番組公式サイト→こちら

NHKの金曜日の楽しみは、ドキュメント72時間だったりするのですが、

なんと、二週間後!!

あの、チョンキンマンション(重慶大厦)の密着ですって~~~~~♪


この建物といえば、Chungking Express (邦題:恋する惑星)!




原題を出してくれる、アメリカ版予告にしてみました(笑)


最近は、どーなっているのか、かつてのカオスっぷりのその後が楽しみです☆

番組は、

3月17日(金曜日) 後10時50分~  でーす!










[PR]
# by aroe-happyq | 2017-03-03 18:05 | 香港&アジア映画 | Comments(2)

出島表門橋、復元される

記事はこちら

たしか2010年ぐらいに完成するはずだった、橋と水路。

ようやく、出来たようです☆

これで、江戸時代の人が出島へ行く気分を存分に味わえます♪

嗚呼、海軍伝習所ごっこしに、長崎へ行きたいわ~~~~~♪




[PR]
# by aroe-happyq | 2017-02-28 14:28 | 長崎伝習所系 | Comments(5)

アニメの鬼平を見てみた

忙しくて、1話から録画だけしていた、アニメの鬼平をやっとこさ、再生してみました。
(テレビ東京の深夜2時ぐらいの放映って、オンタイムでみるためのものとは思えない……)

ビジュアルはすでに確認していたので、平蔵さんが御先手組頭にもかかわらず、
月代にせず、総髪&チリチリ前髪というあたりは最初から諦めてみてみたのですが。

なんか、動きの少ないアニメだこと……(汗)。

女性キャラが、ほぼ100%巨乳。小袖と巨乳は似合わない。

平蔵さんが、大刀を振り上げたら、後ろにひっくり返りそうなほど、躰が華奢すぎる(これで敵に勝てるのか!?)。

江戸の町がゴーストタウンかってぐらい、人が少ない。道に人が歩いていない。
(当時、世界一の人口密度の大都市と思えない過疎化のお江戸)

最新の尖ったアニメにしたいのか、江戸情緒を出したムードある時代モノアニメにしたいのか、
どっちつかずで微妙。

……というわけで、せっかく平蔵の声がかっこいいのに、予想以上に残念感の漂うアニメでした。

3話まで、頑張ってみてみたのですが、うーん、なんか改善点が見いだせず、
録画した分、削除しちゃいました(汗)。

やっぱり、この鬼平見るなら、BSとかCSで放送中の吉右衛門丈のドラマのほうを、みたいなーって感じ。



[PR]
# by aroe-happyq | 2017-02-14 12:00 | ほんの世間話 | Comments(0)
「漂流ものがたり」公式サイト→こちら

写真撮ってきたのですが、新しいPCにしてからいろいろ不便で、取り込むシステムを構築し次第、
順次アップしていきまーす!(忘れたらすいませんっっ)

日本の漁師さん、たまに武家の人(昔は遣唐使もいたっけ)は四方を海に囲まれているので、
天気の具合で遠くへ流されてしまうリスクが大きいのですが、
流されて、どこの国へ辿り着くかで、生死にかかわる運みたいなものが問われることを、
今回の企画展でよくよく思い知りましてございます(汗)。
運否天賦って言葉が深く胸に突き刺さりました……。

まず、韃靼(のちに清国をつくる女真族系の国ですね。今の北朝鮮あたり?)はいけません。
現地の人がやっとこ上陸した漂流者を殺害したりします。
それに比べて、今の台湾や東南アジアは、今回の記録では、たいへん漂流民を厚遇してくれ、
日本へ帰国できた割合が多いようです(遣唐使の時代には、殺されたりすることもあったような記憶が)。

これとは別に無人島に辿り着いてしまうというケースもなかなか厳しいな……と、
展示をみながら、自分ならどれだと助かる可能性があるか、そんな切実な気持ちになってしまいました。

展示では、逆に外国人が日本へ漂着してしまうケースも紹介しておりました。
戦国時代には、西洋人の漂流船を襲って、金品を奪っていた日本人も、江戸時代になると
人道的に対応しており、ホッとします。やはり平和な世の中がいかに大切かを、
こんなところでしみじみ感じてしまいました。

そして、「北槎聞略」!!
大黒屋光太夫の記録です。今回の展示の目玉はこれではないかと!
ロシアから戻った大黒屋光太夫が、幸せな晩年を過ごした旨、
10年前に拙ブログで紹介しましたが、それがこのたびの企画展でもしっかり紹介されていて、
すごく嬉しかったです。
昔の小説のイメージ(映画にもなったしね)はなかなか消えないけど、
これからもコツコツとこうして本当の姿が史料とともに紹介されていくことを願うばかりです。
(うちのブログも、これからも頑張ります!)

御家人&旗本展のような異様なテンションではないものの、
今回の展示も、とても素敵でした。
図録はありませんが、フラッシュ禁止ながらも、撮影がOKなので、
カメラ持参でいらっしゃることをお勧めいたします!

ポケモンGOのトレーナーさんは、北の丸公園や皇居東御苑への散歩もあわせておすすめです。
公文書館周辺は、けっこうレア系ちゃんが出現しますヨ!




[PR]
# by aroe-happyq | 2017-02-12 19:48 | 広く幕末ネタ | Comments(2)
国語ってのが気になりますが、王家衛の会社・ジェットトーン(澤東)が25周年回顧サイトの「上」を
アップしているのをみつけました。

ジェット・トーン25周年 回顧 (上)サイト→こちら

繁体じゃないのがムッとしておりますが、画像や動画もあるので、
なんだなんだいって楽しめちゃいました。

昨年、香港で回顧本を出して、素敵なスナップがたくさんでしたが、
こちらのサイトでも、(下)が楽しみです♪

それにしても、「東成西就」の頃、俳優さんたち、若いなぁぁぁぁぁ~~~~~~~っっ

[PR]
# by aroe-happyq | 2017-02-03 14:37 | 香港&アジア映画 | Comments(0)
NHK大河ドラマ『真田丸』公式サイト→こちら ※2月1日以降はもうあかないです(号泣)


『直虎』の登場人物たちがほぼ99%、凡人なので(義元もね!)、
なんかもう、今年の大河を見る度にですね、非凡だった真田家が懐かしく思い出され、泣きそうになります。

ふと、考えたのですが今年の大河って、フィクションを入れないと、駿河、三河、遠江の三国しか
出てこなさそう???(大丈夫ですよね、三河は出てきますよね??(汗))
かなりの局地大河?????
……ま、いいけどさ。

真田丸のHPも、ついに消えていくと思うと、なんかもうロスだらけですよ~~~~~。

と、久々に更新したのに、愚痴かよ!ですいませんーーーーっっ

先週のEテレのスイッチが、作曲家の服部さんと、小日向さんだったので、
余計に、里心つきまくりでございます。




[PR]
# by aroe-happyq | 2017-01-31 10:31 | ほんの世間話 | Comments(2)
ちょうどコメントもいただいたところだし、拙ブログが地味にこつこつ行ってきた、
新徴組についてのPR記事を下記にまとめてみました。

新徴組トリビア →こちら

新徴組の隊服 → こちら

新徴組屯所 → こちら

新徴組がNHKドラマに登場する!??→ こちら


そして、ドラマの前にドキュメンタリーもある!!!(こちらのほうが楽しみ!?)

もう一つの新選組 BSプレミアム
↑もうこのタイトルにイラッときてはいるのだが、知名度の問題で我慢するぞよ

1月12日(木) 午後9時00分

1月14日(土) 午後5時30分(再放送)

新徴組は、江戸の人びとに愛されていましたから!
そのあたりを、しっかり伝えてほしいところです。


スーパープレミアム
「花嵐の剣士~幕末を生きた女剣士・中澤琴~」
1月14日(土)午後9時~

予告をみたのですが、内容はともかく、
ワイヤーアクションがダメ過ぎて、泣きそう(汗)。
(香港映画好きとしては、許容できぬレベルにござる。
ヒロインは飛んでない。吊られているのが見えすぎるのです……)
なぜ剣だけで勝負させないのか。メイサさん、かっこいいのに。

それに2つの番組タイトルに、新徴組の「徴」の字もないけど~~~~~っ

でも、
新徴組の登場するドラマ
があるだけで、
有り難いです。


[PR]
# by aroe-happyq | 2017-01-10 18:13 | 広く幕末ネタ | Comments(2)
公式サイト→こちら

ついに、新作が~~~~~~っ!

信之殿から、解放された途端、大泉氏は何処かへ旅に出てしまわれたようす(笑)。

とはいえ、前回のどうでしょう、アフリカは激つまらなかったので、

今回こそは水曜どうでしょうの伝統に恥じない、面白いものを、期待したいです♡


嗚呼、今年の楽しみが出来てホッとしました~~~~~~~っ






[PR]
# by aroe-happyq | 2017-01-08 13:45 | 水曜どうでしょう | Comments(0)
本年2017年は、

いろいろありすぎた慶応3年(1867年)から、150年。

つまりは、大権返上から150年です。

来年の明治維新150年に負けない、

幕末佐幕ファン的にも、賑やかな一年になることを祈っております。



……なんですけど、元旦早々、BSで「江戸開城」番組とかやるみたいですが、
そりゃ来年じゃないの?

それにお願いだから、アーネスト・サトウ役、日本の俳優さんでなくて、

日本語もできるね、の英国人のタレントの方であってほしかった。

なんかもう、着ぐるみ感がいっぱいで、予告で爆笑してしまいましたよ!
(それなのに、サトウが尽力して無血開城に導いたっぽいストーリーなんですけど!?
いやいや、当時の大英帝国人はそんなお人好しじゃありません。
自国の国益ありきじゃなきゃ、動きませんて)

今年なら、「ドキュメント 大権返上」だよね!?
「ドキュメント 王政復古クーデター」でもよくってよ??


とまぁ、元旦冒頭から、ツッコミまくりの、東都アロエですが、

本年もよろしくお願いいたします。





[PR]
# by aroe-happyq | 2017-01-01 03:00 | お知らせ | Comments(4)
昨日、「総集編」も無事終了。

ついに「真田丸」とお別れのときが迫っている。

来年の大河がどー考えても、つまらないそうなので、今年の余韻でどれだけ暮していくか(笑)。
(来年のも、半年やったあたりで「実は、男だったのです」と衝撃の告白をするとかって、どう?
なんか、男だった説も出ているみたいだから)

で、この期に及んで、って感じですが、信濃新聞で「真田家の肖像画」いろいろ違っていた問題が勃発!

信濃新聞の記事→こちら

「幸村像」の原画が収められていた箱を確認したところ、「真田源太左衛門信綱侯御画像一心谷蓮華定院」
と墨書されていた。中沢さんは「信繁との接点は見つかっていない」とし、
描かれたのは信綱である可能性が高いとみている。

「昌幸像」の原画は、1987(昭和62)年に表具を新調する前に収めていた箱が存在。
当時は信之の側室玉川氏(右京)の肖像画と一緒に収められていたとみられる。
箱のふたには銘があり、信之を示す「大鋒院殿従五位下伊豆守真田滋野信幸朝臣像」、
左隣に玉川氏を示す「清花院殿平井源亀子像」と記されていた。

つまり、幸村だと思ってたのが、信綱(ドラマだと、おこうさんの父だったっけ?)で、
昌幸パパだとおもっていたら、信之だった、ってことか。

その前に、ちゃんと箱に書いてある文字を読んでこなかったほうが、問題か?
(江戸~昭和までって、けっこうテキトーだよね)

いや、この発表も、あと1年前倒ししてほしかった。
すでにグッズにもなったり、展覧会もさんざやった後じゃないすか……。
そもそも、もう大河ドラマは終わっているし。

しかし、歴史人物の肖像画って、いまやほとんどが「伝」つけないと、って感じになってしまい、
わたしたちの覚えた教科書は、ほぼ今では使えぬというのが、悲しいですね。
真田家でさえ、こんなにまつがっているなんて。

ま、それはさておき。

今年一年、あまり更新できずにすいませんでした~~~。
にもかかわらず、拙ブログを見に来てくださって、ありがとうございます!

来年はもう少し更新できるよう、相勤めまする(笑)。

それでは、皆様、よいお年を!




[PR]
# by aroe-happyq | 2016-12-31 13:12 | ほんの世間話 | Comments(2)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq