2010函館旅其ノ五 2日目

2日目は天気予報では熱帯低気圧が通過するので、雨でありました。

あらかじめ予報をみてこの日は図書館にステイだ!と
決めていたので一日じゅう籠もってもよくってよ!と思って朝から五稜郭へ。





で、函館中央図書館にはたいへんお世話になりました☆

とくに2階のカウンターにはお世話になりっぱなしっっ。
貴重書でデジタル化されたものはデジタル複写を行ない、
2次史料のないものは、後日複写をお願いし、
かつ貴重書のうちで東大史料編纂所にマイクロがあるものが数点あり、
それを東京で複写するための複写許可の書類の作成を依頼したところ、
お許しいただきましてっっ、これも後日送っていただくことに。
この場を借りて、篤く御礼申し上げますっっ。

このたびの旅で求めました史料はほぼ箱館戦争当時の日記類。
まだ翻刻されていない、くずし文字系のもの、写本等々。
わたしの知りたい箱館戦争は、なんちゃって箱館奉行永井さんと周辺なので
各国領事館への対応、市中はどうであったか、がポイント。
(箱館以外の戦いについては一般知識レベルだったりします)
ぼちぼち読んでいこうと思いますので、なにか面白いことがあれば
いずれご報告いたします☆

箱館戦争以外では、やっぱり堀織部正さん。
さすが函館!織部さんの蝦夷関係の史料が豊富にあります!
・・・・・・が、それはさすがに膨大なので置いといて(笑)。
東京よりははるかに堀さんを愛してくださっている函館なので、
いろいろな記事などのスクラップも目にしたしました。

その記事で衝撃の事実を知りました。
堀家の墓所ですが、お寺さんの墓地整理のおりに

危うく撤去されかけたとか!

ちなみに現在の堀さんのお墓記事は→こちら

でそれを知った函館の有志のみなさんが、
撤去しないよう寺院に働きかけてくれて、そのおかげで隅っことはいえ
墓石もみな、安置されたのだそうです!!

堀さんも箱館奉行になって、いろいろと箱館のために尽力して
いなかったら、今頃堀家墓所は捨てられていたというわけですっっ。

函館のみなさん、ありがとう!!!

東京は本当にダメね~~~~~~~~~~~っっ。
郷土の英雄(でしょ?この人だって)に対してひどすぎる!!!
つかやっぱり薩長に占領されたままってことか!?
(江戸レコンキスタするしかないすね・笑)

・・・・・・嗚呼、堀さんでこんなんだもの、旗本の墓って大丈夫かなっっ。
ちょっと無名だと撤去されていそう~~~~~~~(汗)。
(緊急でまだ行ってない墓地を回るかっっ~~)


午後遅くまでかかるかな~と思っていた作業が午後1時すぎに
終了したので、図書館を後にして遅い昼ご飯を食べに六花亭に♪

すると外は雨があがり、蒸し暑いけれど雲間から太陽が・・・。
予想外の天候の回復でしたが、もったいないないので五稜郭をぐるぐる散歩
してみることに!
なぜ写真がないかというと、カメラをホテルに置いてきた!(笑)

で3時すぎにホテルに戻り、カメラを持って「旧市街観光へいくぞ!」と
張り切って出かけたのですがっっ。


d0080566_18521471.jpg


暗渠ではありません。豊川稲荷に続く豊川広路であります☆

d0080566_185899.jpg


このあたり明治のはじめまで地蔵町といったそうです~~。

と草のあいだに・・・、

d0080566_18593094.jpg


北海道写真発祥の地碑がありました。

d0080566_19464.jpg


元治元年に木津孝吉(幸吉)が写真館を開いたのだそうです。
長崎だって文久2年ですから、
箱館がかなりハイカラな町だったことがわかりますね♪

・・・・・・とそのまま山のほうへ行こうとしたところ、
わたしの足が「もう限界です」とギブアップ(笑)。痛くて歩けないっっ。
たしかに1日目に欲張りすぎたのは間違いなく、2日目もまさかの
雲晴れに浮かれて歩き回ってしまいました。
翌日のことも考えて、散歩を断念。
海鮮どんぶりを食べに駅のほうに行こうと思っていたのも、
ハセガワストアをみつけたので名物の「焼き鳥弁当」に切り替えて
まだ5時すぎだというのに、早々にホテルに帰りました(涙)。
(足じゅう湿布だらけにして、「うぬぼれ刑事」をみましたの☆)

そんなわけで写真が少なくてすいません!

さすが噂の焼き鳥(正しくは豚肉による串焼き・笑)弁当!! 美味しかったです♪♪
[PR]
by aroe-happyq | 2010-09-18 10:50 | 箱館または釜さん | Comments(0)


<< 箱館戦争における永井玄蕃逸事 うぬぼれ刑事 永遠に >>