毎日どーもスイマセン @慶喜

苦節一年の反動もあると思うのですが、
なんかこの幸せを叫ばずにおれない状態です。

時代劇専門チャンネルのあまりのタイミングのよい放映もあって、
(疲れ切った心に毎晩、安らぎが染みこんでおります・笑)
12年前の大河にどっぷりな日々となってしまいました。

まずい・・・・・・今月は堀さん企画特集月間なのに、
このままではず~~~~~~っと「慶喜」ウザトークしてしまいそう。

だって・・・・・・このドラマ、

開明派、すなわち一橋派ドラマなんですもの!!(笑)

うちのブログが叫ばずして、なんとします??!!







6話「安政の大地震」

でも地震は終了1分前にやってきた(笑)。
次回こそが大地震話らしい・・・・・・。


6話のポイントは、斉昭の指図で、慶喜が新門辰五郎のレクチャー付で
社会勉強中なのですが、ついに芸者遊びを体験!(笑)。

ビジュアル大河のハシリとしては、本木慶喜さんの、

着流しで三味線を弾くシーン

がポイントかと思われます。

・・・・・・なんかこのあたりだけは妙に憶えていて(どーでもいい事ばかり記憶している)、
やっぱり本木、かっこええなぁ~~~~~って思っていたものですが、

12年ぶりにみても、かっこいいっす。(笑)

なにせ器用な慶喜なんで、ちょっと習ったら、もう屋敷で三味線弾いてたりして。
(そんなことしていたら、地震がきたのであった・・・。安政江戸直下地震は午後10時なのです)

と、慶喜はさておき。

この頃はちょっと一橋派だった男、西郷どんが登場。
演じるは丸々と太った12年前の渡辺徹(笑)。
西郷どんははじめての江戸参府でしたが、さっそく水戸藩の藤田東湖に面会。
藤田東湖を演じるは12年前の渡辺裕之。←1話から登場中。かっこいいです。
藤田から日本の武士としての清き心がけを教えてもらい、感銘を受けるさ西郷どんでした。
(そうだ、藤田東湖って地震で亡くなるんでした。母者をかばって屋敷の下敷きに
なってしまわれるんですよね。いわば西郷どんへのこの長い台詞は遺言でしたね・涙)

さて、毎回楽しみな江戸城老中御用部屋シーン。
今回は、いきなり壁というか襖に日章旗が掲げられ、
その前で老中衆はペリーが土産においてった西洋銃などをつぶさに調べて、
日本もこうした武備を早急にそなえなくてはならない事を実感していました。
このドラマの老中衆はめちゃめちゃ仲がよい。実際もこうなら
阿部伊勢守は苦労しなかったのですが(笑)・・・・・・。
で、なぜ日章旗かというと、この頃、日本の国旗として徳川が制定したため。
(長崎ではちょうど阿蘭陀海軍伝習所がはじまっていて、この日章旗を練習船の観光に
掲げるのであります☆←以上史実でした)
今回の阿部正弘さんもまた、史実のキャラが良い感じにアレンジされた
ナイスな正弘さんでした。
条約を結んだ責任はいずれ自分がとらなくてはならない、と辞意めいた発言を
する正弘さん。今回ちょっとお疲れモードのようで気分が下がりモードのようです(笑)。
すると老中衆からとんでもない!という声があがる。
そして口々に励ましの言葉が飛び交い、元気を取り戻す阿部さん(笑)。
条約を結んだことで、新たな一歩がはじまるのだ!と日の丸をみて、
すっかり前向きモード全開になる老中衆(笑)。
この前向き&明るさこそ、ラテン系江戸幕府(爆笑)です!!!

そんな江戸にも黒船、そして大地震と試練が次々にやってきます。
(その翌年の夏には大型台風にやられます・涙)

98年当時の大河は、オリジナルキャラもかなり登場するのですが、
一橋家の慶喜の側近に若き藤木直人がおります。
この側近、旗本の妾の町娘に岡惚れしており、どうなることやら。
次回はその顛末と、大地震、そして京から慶喜の正室として美賀子がやってきて、
いよいよ慶喜の婚儀のようです。
御用部屋シーン・・・・・・あるかな~~~~~。
ないと寂しいな~~~~~~(笑)。

つか、川路たち・・・・・・出てこないな~~~~(笑)。
[PR]
by aroe-happyq | 2010-12-01 10:30 | 慶喜@大河 | Comments(2)
Commented by はる at 2010-12-01 14:20 x
こちらでの慶喜の感想を読むのを楽しみにしているので、是非毎日でもお願いします!
今回は、いつも通りかっこいい阿部も観れ、さらに慶喜の「およし、およし」も見れて、楽しかったですねw
Commented by はな。 at 2010-12-01 19:35 x
はるさん、温かいお言葉ありがとうございます~♪
今のところ、毎日でも書きたいくらいなテンションです☆

>いつも通りかっこいい阿部
気がつくと阿部侯のお命もあと2年足らず(汗)。お元気な今の内に、もっと出番を増やしてほしいーっっと思わずTV画面に叫びたいです(涙)。

>慶喜の「およし、およし」
慶喜さんのオヤジギャグもさることながら、およしが畳をこじったら糸ががどんどん出てくる・・・という展開が楽しかったです(笑)。オチがないので上方人に怒られそうですが、こんなプチギャグもナイスです♪


<< 江戸のエロスは血の香り 痺れています!@大河徳川慶喜 >>