人気ブログランキング |

ブログトップ

東都アロエ

矢田堀&榎本出たけど @慶喜

48回「恭順謹慎」。

今回は慶喜よりもですよ、別のところに目が釘付けに!
OPをみていたら~~~~~、

矢田堀讃岐守鴻

榎本和泉守武揚


相次いでどーんと名前が出たのです。
さすが徳川大河!!!

榎本さんは幕末大河のたびに1回はちょい登場しているけれど、
矢田堀は珍しい!!!!
しかもどっちも「守」付だ!!!!!

おいおいおいおい、どーして永井だけ「玄蕃頭」つけてくれないんだぁぁぁぁ(爆)

(さて、どんな登場のしかたをしたかはのちほどのお楽しみ)



えっと、慶喜は江戸城に入って、
初めて大奥のみなさんとご対面。
上段に座る天璋院と静寛院に下段から朝敵にされた経緯を説明し、
「責任は余ひとりにあります」
と。恭順謹慎する旨、お二人から朝廷にお知らせくださいという。

慶喜が去ったあとで、大奥で会議。
なにせみなさん慶喜嫌いなんで(笑)、
天璋院と静寛院は慶喜が朝敵になったのかよくわからないうちは
慶喜をたすけることはできない、しかし徳川家の者としてお家の存続のため
には尽力しましょうということになった(笑)。

ちなみにおよしは辰五郎と一緒にすっかり町娘に戻って、
「ただいま~」と浅草に戻ってますんで、江戸城と関わりはナシ(笑)。

で、その江戸城も二条城・大坂城のように大沸騰!
なぜ慶喜公が朝敵になるのだ!しかも討伐軍が差し向けられるとは
どういうことだ!と江戸侍の怒りが爆発中(だよね、わかるわ~~~~)。

「死んでもこの江戸は渡さんぞーー!!!」

おおおおお~~!!そーだ、そーだ!!
その意気だ!!!柳営有司諸君!!!(笑)

ずっと忍耐に忍耐を重ねてきた板倉勝静もまた、怒っていた。
朝廷から「朝敵リスト」が届き、そこに自身の名があって、
「官名剥奪、領地没収など到底受け入れられませぬ!!」
と慶喜に戦いたいと直訴。
ロッシュの応援もあり、上野の輪王寺宮をたてれば勝てるという。

「勝ってどうするのじゃ。幕府の有りようを思い出すのじゃ」
時間を戻したところでどうにもならない、幕府のような大きく無駄な
しくみ時代に合わないのだから、と慶喜は諭す。

板倉は無念のうちに、慶喜のそばから去っていきました。
(で、流れ流れて、箱館へ・笑)
板倉を演じていた方もとてもよくて、ここ数回は慶喜&板倉コンビシーンが
ないと寂しいぐらいでした☆
ちょっと名の知れた今どきの俳優さんにない、小細工しないまっすぐさ
が板倉の実直さにマッチしていたと思います♪
これでお別れなんて、お名残惜しゅうございます、板倉老中さま!!!

慶喜はよーやく一橋家に居候になっている美賀と再会。
美賀は慶喜が命をたつときは自分も共にいくというのだけど、
慶喜のほうは、朝敵となるようなことはしていないので、
「余はみずから死を選ぶことはない」といい、
もし死んだりしたら家臣たちは戦おうとするだろうから、

「生きて、忘れ去られることを望んでおる」

生き続けることでいつの日か汚名がそそがれることを
待つ覚悟のようでした。
で、とにかく慶喜さんは剛情公なんで、
いったん恭順謹慎と決めたらテコでも動かないわけです。
それに謹慎と決めたところで、勝海舟ほか徳川家臣に一任しちゃったので、
これ以降、将軍後見職となってからずっと披露してくれていたその見事な
口さばき(笑)もほぼ封印。

ドラマもとたんに色あせたような気がしますっっ。

さて、一任したことで、慶応4年2月からは大名が帰国したこともあり、
江戸には直参しかいなくなったので、あらたに勝海舟、大久保一翁など
の首脳陣をすえて徳川藩として再出発します。
その会議でですね、海軍代表として、
矢田堀讃岐守鴻&榎本和泉守武揚がいよいよ登場!!!

なのですが……………、

なぜか!!このドラマの二人はちょんまげ
&かみしもで
しかも老けている!!!
(大爆笑)

おおおおおおおおおおお~~~~いっっ、
せっかく矢田堀でたのにぃぃぃ~~~~~~~~。

やっぱりこのドラマ、変わってる!(笑)

で、あとは(以下なげやり)
勝さんが山岡鉄太郎さん(as伊武雅刀)を説得して、
駿府の西郷に掛け合いにいかせたり、
鉄太郎さんが実際にかけあったりしたのですが、
やっぱりね~~~慶喜さんの流れるようなあの黄金の舌を思うと、
勝さん&鉄さんでさえ、かすんでみえちゃうんです。

最後に、慶喜が久しぶりに再会した兄貴の水戸藩主(as内野聖陽)
の具合が悪そうなことっっ。
内野さんも影のうすい兄貴を見事に演じておられました。
(最近の役柄からしたら、ありえないぐらいのうすさです)

あと一回ですが、慶喜のドラマとしては京・大坂が舞台のころが
華だったな~~~~と思う次第です。
by aroe-happyq | 2011-02-02 10:42 | 慶喜@大河 | Comments(0)