人気ブログランキング |

ブログトップ

東都アロエ

NHKスペシャル シリーズ 大江戸

まだ、先の話ですが、「NHKスペシャル シリーズ 大江戸」(全3回)が、4月29日から、始まるんですって!

内容については→こちら

新しく発見された新史料から、浮き彫りにしていく、ザ・大江戸に迫るシリーズ!

すんごーーーく、楽しみですが、なぜか日曜日の9時ね~~~~(笑)。

あの大河でムカムカした気分を、15分のあいだに、切り替えねば!
(って、見なきゃいいのに、いろいろ心配すぎて、チェックせずにおれないんですぅー)

で、この「大江戸」の連動企画として、4月にリニューアルオープンする、江戸東京博物館で、
「大江戸展」(4月1日~5月13日)が開催されます!

公式サイト→こちら

「大江戸」という名が史料に現れるのは18世紀中頃、推定人口100万人を超えたあたりからです。
この頃の江戸は、上方を凌駕する経済力を持ち、独自の文化を成熟させていました。政治の中心のみならず、
物資や金、情報までもが江戸に一極集中し、巨大都市になりました。

 江戸繁栄の歴史は、1590年(天正18年)徳川家康の入封時に遡ります。
それ以前は、南関東の要衝として、また整備された水陸交通の結節地点として機能する一城下町でした。

 この小さな城下町「江戸」は、いかにして、政治・経済・文化の中心都市「大江戸」へと発展していったのでしょうか。
本企画展では、「江戸の成り立ち」「江戸城の絵図」「火事と江戸」「水辺の風景」「写された風景」の5つの視点から、
巨大都市「大江戸」の繁栄の歴史を追い、大都市としての特性を見つめるきっかけとします。

絶対に、行きます♪♪♪


by aroe-happyq | 2018-03-16 17:28 | 江戸東京あれこれ | Comments(0)