渋柿園が、岩波文庫に降臨しましたーーっ!!


d0080566_09372737.jpg
アマゾン→こちら



塚原渋柿園は、徳川直参で、明治に新聞記者、小説家、エッセイスト等々で活躍した人ですが、
江戸の幕末の貴重な風俗情報を伝えてくれた、私にとって神のような方です(笑)。
ただ、講演録とか、小説などが、全集とかに纏められなかったので、拾って歩くのがすごくたいへんで、
『旧幕府』などのメジャーな雑誌以外のものを、ぽつぽつ集めていた最中でした。

それが!!!!岩波文庫に、どーーんと注解付き(しかも本の半分も埋め尽くす、丁寧なものです)で!!!

集める作業が省けるだけでなく、やはり、岩波文庫というメジャーなものに、登場して、
多くの人の手に取りやすくなったのが、本当に素晴らしいことです!!
ありがとう、岩波書店!!!!
もし、これが明治維新150年企画出版なら、今年一番の嬉しい一冊です!!!!(あ、土方&釜さんの本が2位に(笑))

これから、幕末の江戸を研究する方、創作を書かれる、描かれる方々には、マストアイテムです!

講武所風という、髪型については、語られてきましたが、全身コーデまでは、今までほぼ情報として
出てこなかったはず。ありえないほど、ダサいんですが(爆)、その姿は、どうか、この本を見て、確認してください。
それと。対をなす、役人風の、時代小説ではまず、出てこない、ラフ過ぎるスタイルも。
(これをそのまま小説で書くと、「こいつは時代考証もしらんのか」と切れられるかもしれない、ぐらいヤバイです)
この史料を、国会図書館でみつけたとき、どーしようか、凄すぎるぞ、と唸ったのを、思い出します。

でも、そうやって固定概念を壊していくと、幕末の小説や映画、ドラマはもっと面白くなる。
渋柿園さんは、そういうヒントをたくさん、教えてくれています。

それから、柳橋芸者についても。成島柳北の本と併せて、お読みくださると、
「金では絶対に転ばない。色も売らない。2,3年かけないと、仲良くなれない」などという、
江戸文化が作り上げた、媚びない破格の芸者像が浮かび上がってきます。
(これが、明治になると、破壊されていくんですけどねー)

まー、近藤勇を新徵組とか書いてるなど、間違いもありますので、
そのあたりは勘弁してやってください。



それから、ほぼ同時期に、出たこちらも、おすすめです!↓↓


d0080566_09393530.jpg

アマゾン→こちら

渋柿園の本のサポートの一冊に最適です。




[PR]
by aroe-happyq | 2018-08-26 09:41 | 広く幕末ネタ | Comments(0)


<< 川路高子の日記より~150年前... 徳川家茂・慶喜の銀印「経文緯武... >>