人気ブログランキング |

ブログトップ

東都アロエ

将軍のシークレットさーびす(下っ端編)

古文書講座で、家茂時代に小性組番士の石井至純の『御進発日記(仮)』
をやっております。
慶応元年5月16日江戸発、
家茂の第二次長州征討(戦争)の大坂行きの同行日記です。

小性組の石井としては、
京につくまではひとつ先の宿場に前のりするとか、夜勤などが
主な仕事でしたが、京に入ったとたんかなりヘビーな労働環境になりました。
書院番とともに小性組はシークレットサービスの下っ端なために、
(近習たちはこんなことはしません!)
内裏に参内した家茂の警護のため、大雨のなか外で一晩中立っていたり!
なんという過酷な職場かと思っていたら、これはまだ序の口ですた(笑)。

思わず記事にしたくなったのは、ここからです。

ホントは京には行かず大坂に直行したかったのに一会桑&諸侯会議ズの要請に
屈して、ほんの少し二条城に入った家茂は、すばやく大坂へ出立。

で伏見から大坂八軒家まで船で下った将軍家・・・・のために、
小性組&書院番たちは交代で、
船の速度に合わせて、
川端を並走したのであります(涙)。


休息するまでその距離、五里!


アメリカ大統領の車の横をSPが小走りにしてたりしますが、
ああいう状態で五里ですからね、かなりスゴイじゃありませんかっっ。
(しかも川の流れが速かったらどーなってしまうのか)


小性組というとどーしょうもない旗本の代名詞のような役目といわれ、
暇すぎて弁当がどうとかでイジメがあったなんて話が有名ですが、
それは幕末以前のこと。
嘉永6年6月にペリーがやってきたその時に、
「万が一の折りには覚悟すべし」などと衝撃のお達しをくらった瞬間から、
本来の姿に少しずつ戻って、正しく将軍をお守りするために
砲術訓練にあけくれ、将軍出張のおりにはこうして激務をこなす一団となりました。
そのためか、この石井のまわりの同僚も助け合って仲良くやってます(笑)。

しかし将軍の出張という現場で、
激務あるいは精神的にキツイのは小性組だけではないらしく、
道中で突然乱心した者や大坂に到着したら自害してしまった者など
現代では労災認定?かもしれない事例も日記に登場。
泰平のころより、幕末は人員整理もしましたので一人一人に課せられた
役割が多いのも問題だったといえそうです。

この江戸時代のように24時間いつ仕事がはじまるかわからない、
いつ終わるかわからない、という職場はつくづく厳しいと思いました。

ただ、大坂に到着して勤務がお休みとなると、すぐに大坂見物に繰り出す
タフ&アクティブな日記主の姿にホッとするばかりです☆
Commented by きりゅう at 2009-07-02 12:41 x
隋の煬帝が岸辺の綱で船を曳航させた(しかも全員美人に!)のに比べると、日本は質実剛健ですな(^^)
Commented by はな。 at 2009-07-02 19:19 x
>隋の煬帝
さすがです!美女ですかっっ。
武家の棟梁の場合、↑を見習うとしても、美しい小性ズが限界・・・・・?
やっぱり男じゃないとダメなんでしょうね(笑)。
Commented by 森重和雄 at 2019-03-16 07:09 x
はじめまして。
古い写真を研究しております森重和雄と申します。
石井至純のご子孫になる石井至誠さんの連絡先を知りたいのですが、何かご存知ではないでしょうか。
Commented by はな。 at 2019-03-17 21:04 x
森重さん、こんばんは。
お返事が遅くなってしまいました。

石井さんの連絡先をさがしていらっしゃるとのことですが、
当方も、まったく存じ上げません。
せっかく、書き込んで頂いたのに、
お役に立てずに申し訳ありません。
by aroe-happyq | 2009-06-30 18:10 | 江戸城の大旦那 | Comments(4)