人気ブログランキング |

ブログトップ

東都アロエ

今日二回目の更新になってしまった・・・・。
なぜかアマゾンの自分用のおススメコーナーにこのお知らせがあったので、
いちおうメモっておきます(爆)。

名刀コレクションモデル 武外伝 新撰組 第弐弾
(このサイトの『武』のところデス)

でもこの旗、ちょっといいなぁ(笑)。←名刀シリーズだというのに


実は。
自分はこのシリーズの番外編?の
「帆」シリーズの第二弾をずーーーーーっと待っているのです。
第一弾は出遅れて、黒船をわずかに入手したにとどまりましたが。
二弾目はぬかりなく、チェックするつもりですっっ。
(ちなみに「倒幕」シリーズではアームストロング砲をゲットしてしまいました。
どこへいこうとしているのだ、自分は・・・・・・・・)

もしも。
「帆」の第二弾で、
もしかして、もしかして軍艦開陽とかあったら箱買いでもなんでもしちゃう所存!(笑)

「帆」シリーズの第二弾、どうかよろしく!
(スイマセン、タイトルと趣旨の違う叫びで終わってしまって)
by aroe-happyq | 2007-02-28 14:20 | 広く幕末ネタ | Comments(0)

先月の末に手に入れた松山藩主板倉勝静の家臣辻七郎左衛門の回想録「艱難実録
をちゃんと読もうと、収納してあるハコダテファイルをめくったら、
それよりずっと前にコピってあった維新日乗纂輯四に収録の「酒井孫八郎の日記」
(コピーは箱館前後の部分のみ)が目に入った。
酒井孫八郎さんは桑名藩の家老首席。
主君の松平定敬サマを連れ戻すために、ひそかに箱館に入って、数ヶ月の説得によって
官軍が上陸してギリギリのところで主君を連れ戻した苦労の人だ。
手元にあるのはその涙と汗の明治元年~2年の記録(日記自体はもっと長い)デス。
・・・・・実は、箱館脱走軍のみなさんのひと冬の暮らしのなにかの手がかりになるかと
手元に一部置いてあったのを、なんとなく読んでしまった。
それも酒井孫八郎目線で。
箱館にたどり着いたのは12月後半。数日のあいだ禁錮になって、それが緩んだ28日から
藩主への拝謁の許可を請う嘆願書を榎本総裁に出したり、
29日には「新撰組隊長土方敏三」(原文のまま)がやってきて面談など始めた。
あけて明治2年正月になってからは、この榎本、土方と頻繁に「面談」している。
榎本は責任者だから当たり前としても、なぜに土方さん?(爆)。
(桑名藩士が24名も新選組にいるので当然といえば当然ではありますが)
面談内容は、とにかく主君には帰還いただきたいので、その協力を願う内容のはず。
でも、こんなことをいってはなんですが、そういう人事的な根回しっぽいお仕事って、
土方という人はあまり得意ではないような気がするのですが(というか無理?(滝汗))。
誰かほかに知り合いとかいないのでしょうかね???読んでてハラハラするのですけど(笑)。
気の毒なことに1月は榎本・土方双方との面談に明け暮れ、話はあまり進展なく、
二月にはいると、6日の項に「榎本 御座所に来り便船之談アリ」とあるので、いよいよかと
おもいきや、結局は4月13日までかかる。この日にようやく酒井の説得に折れ、
桑名侯は箱館を離れた(その後、東京で出頭して明治5年に赦されている)。
すでに3月後半には、脱走軍は回天で官軍と宮古で戦ったりしているわけで、
空気が不穏な感じになってきただろうし、土方との面談もぜんぜんなくなっているので
それどころではない状態になったことを示している。
(実は2月4日以降ナシ。やっぱりあんまり面談のメリットはなかったのでは?(爆))
そんななかで、孫八郎はどんなに焦ったでしょうか。
でも、4月5日のところに、
「山ノ上十升之花園見物ニ罷越草木色々有之梅花盛櫻微開」とある。
もともと酒井さんは藩校で優秀な成績を修めるばかりではなく、和歌や絵画に通じた風流人。
切羽詰ったなかでも花を愛でることは忘れようもないらしい(笑)。
兎にも角にも、無事に使命を果たしたので、よかったよかった。
(すっかり酒井目線のまんまなもので)

その後も桑名藩に尽くした酒井孫八郎さんは明治12年に亡くなっている。
享年35歳・・・・・・。ずいぶんと若い家老だったのですね・・。
by aroe-happyq | 2007-02-28 10:55 | 箱館または釜さん | Comments(0)