人気ブログランキング |

ブログトップ

東都アロエ

2010年 12月 30日 ( 1 )

一年が過ぎていきます

昨年は念願の外国奉行ツアーとか
観光の復元船で横浜湾ちょいクルージングとか
福山詣でとか、楽しい思い出だらけの素敵な一年でしたが、
今年は史料を集める一年と決めていたせいか、
函館訪問以外は地味な年でした(笑)。
今年の反省としては、
没後150年堀織部正(←しつこいようですがおりべの「かみ」)
企画を充実したものに果たしてできただろうか!?
いやイマイチビミョウだぞ、ということです。

というのも、ちょうど一年前、
古本屋さんでたまたまお安く『徳川慶喜公伝』(平凡社東洋文庫版全4冊)
に出会ってしまったのが運のツキ!?か、
どうも今年は織部さんのかたわら、静かにMY慶喜ブームが潜行していて(笑)、
年末にはCSでまさかの「大河・慶喜」
の放映ときて、なんだか慶喜な一年でした(爆)。
いちおう一橋派だった堀さんなので、お許しいただけるかと存じますが、
(でも堀さんは慶喜さんに会ったことはなさそうだ……)
ちょっと申し訳なかったかも。

でも年末の「大河・慶喜」の放映のおかげで、
この一年溜りに溜っていたR馬伝への鬱屈がどこかへ消し飛んでしまいました☆
つか、R馬伝の記憶はすべて断捨離!!決行です♪
(忘れ去っても、幕末調査になんら支障はない・笑)
その分、「大河・慶喜」のほうは現在半分まできて、ほぼ脳内コンプリート
して大切に保存するつもりです(笑)。
こちらはかなり、幕末調査に有効。お役立ちです♪
『『徳川慶喜公伝』でわかりにく~~いあたりをさらっとドラマに
取り入れてくれていて、助かるのなんの!であります。
(どー考えても幕末上級者向けドラマ……)

そんなわけで、
このブログでもR馬伝の3文字が登場するのは今日が最後。
来年になって、この話題をむけられても
「そんなものありましたっけ?」と言ってしまうかもしれません☆
来年以降、あらためて後藤象二郎について正しい伝記を読もうと思っています。
(なにかオススメのものがあったら、教えてください~~!!)

でも、今年最大に嬉しかったことは、
岩瀬忠震のイラストを2度も拝めたことです!!
1度目は、
(たとえそれが小さいイラストであっても!)商業誌で拝めたこと♪
(それも『歳三 梅いちりん』の漫画家かれんさんの御手によるものですぞ!!)
2度目は、
kotoさんの御手による岩瀬さんイラストを拝見できたこと!!
徳川方にとって、鳥羽伏見の戦い直後より、厳しい逆風の一年のなか(爆笑)、
こんなに幸せでいいのか!?と頬をつねること数回、というありがたい
出来事でした。

そして復元した箱館奉行所内を歩けたこと!
これまた至福の時でございました☆

などなど、思い出せばいろいろあったなぁと2010年を振り返りつつ、
正直、よくぞこのブログ一年もったなぁ~~~~(笑)
とささやかに自らを讃えつつ、
本年ラストの更新を締めたいと思います。


それでは皆さま☆

よいお年を!
by aroe-happyq | 2010-12-30 10:50 | ほんの世間話 | Comments(8)