人気ブログランキング |

ブログトップ

東都アロエ

本日の「いだてん」も面白かった!!!!

幕末には、おもに徳川方の間でですが、赤いブランケット(当時は、フランケと呼称)はちょい格好いいアイテムだったのに、
明治の中頃には、お上りさんのアイテムと化していたのに、じぇじぇじぇ(笑)でした。

宮藤さんが雑誌に寄稿した、いだてん執筆記のリンクを張っておきます♪

宮藤官九郎の「いだてん」執筆記→こちら

by aroe-happyq | 2019-01-20 19:28 | ほんの世間話 | Comments(0)

家光&家綱画伯の世界

日本の片隅で小さく話題になっている!?家光将軍の絵のセンス♪

画像と記事→こちら

代々、将軍様は絵をたしなむことになっているらしく、
なかなかヘタウマな絵が多数、存在します。
(慶喜はそう考えると、うまいなーと感心する)

で、家光さんの絵がなかなか、素敵。

まだ元和偃武だよなーという時代で、平和になりきっていない江戸時代の初期です。
そんな時代の公方様に求められるのは、まだまだ武張った物言いとか、威勢で他を圧倒するしぐさとか、
なんだけど、家光さんって、やっぱり乙女将軍だなと(笑)。
絵が可愛い~~~~~~~~~~。お目々がクリクリ!!!!
キュートではありませんか!
このテイストの絵を大名に配っていたなんて!!!えええ、欲しいわーーー(爆)。
(でも、貰ったほうは「かわいいですね♪」とか、徳川将軍に言えないし、なかなかリアクションしにくい時代でもあっただろう)

絵をみているだけでも、皆に期待されるものと、家光の個性はいまいちマッチしていなさそう。
たぶん、生きづらかっただろうなと、思えてしまう。

でも、そんななかでも、描き続けているのだから、ものすごく、こういうのが好きなんだろうなー。

もう少し、江戸後期の将軍だったら、良かったのにっっ。

で、息子の家綱の場合は、間違いなく、ただの下手である(汗)。

なんかもう、愛すべき徳川将軍画伯の世界でした♡



by aroe-happyq | 2019-01-17 20:23 | 江戸城の大旦那 | Comments(0)

2年待ちに待った、「いだてん」がいよいよ始まった。
もう、めちゃめちゃ、面白い!!!
「楽しいの?楽しくないの?オリンピック!?」なんて言ってる、ジゴローが最高です!!!

戦国と幕末に固定されている感のあった、大河ドラマに新風が吹いている。
近代を扱ったのは、「山河燃ゆ」とか「春の波濤」とか「いのち」以来?
ようやく、戦国と幕末のたらい回しのリズムが崩れた!

クドカンらしく、スピーディーで、目が離せない。あっという間に、終わってしまうっっ。
1話目はいささか、カッ飛んでたけど、2話目はかなり王道の大河ドラマのはじめ頃モードで、
そのバランスがすごくいいと思いました。

前半の主人公の四三君は、1話のラストに登場し、ゴールでジゴローに抱き留められる。
その、「抱き留められる」にいたる、四三少年と嘉納治五郎との因縁が2話で語られる。
もう、2話目で泣きましたですよ!!!1話のラストを思い出して、じわじわきちゃったーーーっ。
こういうの、伏線の回収(時間の流れは逆行しておりますが)の模範というのでしょうな。
素晴らしいと思いました。めちゃめちゃ大河しているじゃありませんか!!!

ところが、2話目の視聴率が低かったとかで、いきなり批判が噴出!?
「大河らしくない」「大河でやる題材ではない」などなど。

でも、考えてみたら、昨年の西郷だって、あんな薄っぺらい人物伝なんて、大河らしいと言えますかしら?
明治になって、東京にいた本来の西郷は、日本橋のどでかい屋敷に住んでいたのを、ドラマじゃ無理に庶民派にせんと、
長屋に暮らさせるのが、大河?それは、違うと思います。
ちょんまげつけてりゃ、なんでも大河ではない。
ちょんまげ付けてても、御所言葉ひとつ話さない、大阪弁の公家とか出てきたら、それって大河?
戦国と幕末なら、大河ドラマ認定なのだろうか?

大河ドラマというのは、ちょんまげじゃなくても、骨太な人間ドラマであれば、大河なのでは?
縄文だろうが、飛鳥時代だろうか、現代だろうが、主人公の篤き生き様を描けば、大河ドラマでしょう。

「いだてん」は十分に、大河ドラマです。
2話までみて、断言できます。笑いがちりばめられているけれど、かなり骨太な群像劇です。
明治の終わりからはじまって、昭和39年までの50年間、時代背景だけでも、激動日本なので。
戦乱の荒波に翻弄されながら、平和の祭典であるオリンピック開催を実現させる人々の物語って、テーマはマジで、大河ですよ。
そこに落語や志ん生絡めるのも、オツでござんす。スポーツだけでなく、芸事も描くアイデアが素晴らしい。
おそらく、どちらのジャンルも平和でこそ咲く花であって、それが戦争の時代のなかで、
次第に追い詰められていく姿を描くのでしょうから。

とか、まーまー、理屈はさておき。
昨年の浅い嘘に塗り固められた暗黒世界から(爆)、ようやく抜け出して、我らのもとへ戻ってきた日曜8時です。
私は、「いだてん」が始まったことを、心から言祝ぎまする♡

まあ、大河らしくないって言っても、それは今年限り。来年はド大河ドラマが戻ってきますんで、
クドカンの「型にはまらない」大河にあれこれいう前に、
むしろ、もう二度とないだろう、この異端なる一年を存分に楽しみましょう!




by aroe-happyq | 2019-01-15 22:08 | ほんの世間話 | Comments(2)

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします



昨年中は、本当に時間がなくて、あれもこれも記事にしたかったーーっと
心残りばかりです。

2019年は、もう少し時間のやりくりうまくやって、記事を載せられるようにしたいものです。
戊辰戦争の終局、箱館戦争から150年でもありますし、大河もいけすかない西郷が終わり、
いよいよ、いだてんが始まるので(*⌒▽⌒*)!いろいろ語りたい!!!
(秋にTVが壊れ、4にしたら、年末にケーブルTVが4Kのチューナーを付けてくれたので、
我が家の大河は、日曜の朝9時になりました(爆)でもまだ4Kは録画ができないので、6時のBSで録ることに)

そんなこんなで、少しずつでも、ブログを続けてまいりますので、
よかったら、たまーで構いませんので、覗いてみて下さい♡


東都アロエ 管理人 はな。



by aroe-happyq | 2019-01-01 10:21 | ほんの世間話 | Comments(2)